CoinPostで今最も読まれています

米国下院:仮想通貨の不正使用防止案『HR6069』が満場一致で可決

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米国下院におけるHR6069の可決
6月25日に、米国下院はJuan Vargas議員によって提案されたHR6069”不正ネットワークへの対抗及び、不正売買検知条例”を満場一致で可決し、仮想通貨の不正使用の実情把握に着手することを明らかにしました。
現状での仮想通貨不正使用
アメリカの司法省は、公式サイトで、6月26日に、潜入捜査によって、ダークネットにおいて違法行為を行っていた35人以上の容疑者を逮捕し、2000BTCなどの仮想通貨を押収しています。市場の健全化に向けて仮想通貨市場の負の側面にも対応していくことが求められていると言えるでしょう。
ダークウェブとは
ダークウェブはたとえURLを手に入れても、特定のソフトウェアや設定、認証がなければアクセスすることができないサイト群のこと。ダークウェブでは、世界中の犯罪者、犯罪組織が非合法の売買を行なっていると言われています。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

米国下院におけるHR6069の可決

6月25日に、米国の議会下院は25日、HR6069 “不正ネットワークへの対抗、不正売買検知条例”( Fight Illicit Networks and Detect Trafficking Act)を満場一致で可決し、仮想通貨の不正利用における実情把握に着手することを明らかにしました。

HR6069では、国際間にまたがって活動する犯罪組織、オンライン上で最も問題となっている違法ドラッグや性行為目的での人身売買、違法売買が行われるダークウェブにおいて仮想通貨が使用されていることが主張されています。

今回の条例によって、共和党政策委員会(The Republican Policy Committee)は、公式サイトにて以下のような声明を公表しました。

HR6069によって、(連邦議会の付属調査機関である)政府監査院(the Government Accountability Office、以下 GAO)には、仮想通貨やそのオンライン市場が性的人身売買、違法ドラッグ売買に関連する商品・サービスの売買や支援などに、どのように関係しているのかを調査することが求められるでしょう。

今後GAOは仮想通貨を利用してこれらの検知、及び阻止が可能かどうかを調査していきます。

このHR6069を提案したカルフォルニアのJuan Vargas議員は、今回の提案によって、議会が仮想通貨の現状を把握し、仮想通貨を使用した対抗策を講じるための第一歩となったと述べ、米国議会上院においても同様の支持を得られることを期待したいと語りました。

現状での仮想通貨不正使用と対策

さらに、アメリカの司法省は、公式サイトにて、6月26日に、潜入捜査によって、Silk Roadや、Alpha Bay、Hansa、Dreamを始めとするダークネットにおいて違法行為を行っていた50人以上の個人を突き止め、35人以上の容疑者を逮捕したことを報告しました。

その際に、MDMAや大麻などの違法薬物、銃などの武器、金の延べ棒や法定通貨だけでなく、2000万ドル(約22億円)相当の2000BTCとその他の仮想通貨や、ビットコインマイニング機器などが押収されたことから、皮肉にもダークウェブが仮想通貨と密接に関わっていることを証明する出来事となりました。

日本でも、先月5月に仮想通貨取引所Coincheckは、アンチ・マネー・ロンダリング(資金洗浄)を遵守するため、モネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)などのプライバシー性の高い仮想通貨の取り扱いを廃止することを発表しました。

このように、仮想通貨における負の部分のリスクを積極的に排除していく取り組みが進められており、日本では仮想通貨市場全体の健全化に向けて着実に取り組んでいるとも言えるでしょう。

今回米国で可決されたHR6069によって具体的な法的処置が行われるわけではありませんが、米国議会下院が仮想通貨の現状の問題点を認識し、政府監査院(GAO)に詳細な調査を依頼したことは、今後の仮想通貨の適切な規制、対策に向けた大きな一歩であると考えられています。

CoinPostの関連記事

コインチェック明日(6/18)に4通貨上場廃止|対象通貨の強制売却に注意
6月18日(月)、仮想通貨取引所コインチェックにおいて、一部の仮想通貨の取り扱いが廃止。廃止日時にコインチェック内にある該当通貨は強制的に売却の対象になる可能性があるため、注意が必要です。
香港政府:ビットコインは金融犯罪に大きな影響を与えていない
香港政府は、資金洗浄及び、テロ経済支援リスク評価の年次報告書にて、仮想通貨に対する顧客の関心の高まりは、金融犯罪のリスクに直接的な影響を及ぼしていないことを明らかにしました。ビットコインへの否定的イメージが先行しすぎているのかもしれません。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア