香港政府:ビットコインは金融犯罪に大きな影響を与えていない

ビットコインは金融犯罪活動に明らかな影響を与えていない?
香港政府は、資金洗浄及び、テロ経済支援リスク評価の年次報告書にて、仮想通貨に対する顧客の関心の高まりは、金融犯罪のリスクに直接的な影響を及ぼしていないことを明らかにしました。

ビットコインと金融犯罪の関係性はそれほど強くない?

ビットコインを疑問視する人々は、仮想通貨が犯罪ネットワークや不正な活動に使用されていることをよく議題に挙げます。

しかし、香港政府の新たな報告書によると、仮想通貨に対する顧客の関心の高まりは、金融犯罪のリスクに直接的な影響を及ぼしていないことを発表しました。

役人達は、この主張を政府の資金洗浄及び、テロ経済支援リスク評価の年次報告書にて明らかにしました。

そして、ビットコインや、他の”仮想商品(virtual commodities:以下、VCs)”が、現時点で政府による金融犯罪の回避、”中の下ほどのリスク”しか保持していないことを主張しました。

複数機関によって作成された報告書にて以下のように記述されています。

「VCs関連では、資金洗浄やテロ支援などに対する脆弱性が危惧されていましたが、現時点までに、香港の全体的なリスクに”直接的な影響”はなく、そのVCsのリスクは、中の下として評価されています。」

「資金洗浄、テロ支援、詐欺を始めとする様々な犯罪行為においての現在の法的規制は、VCs を含めたあらゆる資産の違反を取り締まることが出来るのです。」

ビットコインは犯罪行為との関連を誇張されていますが、その報告書は、仮想通貨が一般的な金融市場で受け入れられるにつれて、不正な取引が減少していることを示す最新の調査となっています。

先日、ケベック政府のチーフ科学者の部署は、仮想通貨の事実チェックを行い、ビットコインが実際には、ほんの少数の犯罪行為にしか使用されていないことを明らかにしました

実際には、アメリカドルが犯罪ネットワークに最も一般的に使用される通貨であると言えるでしょう。

しかし、未だ多くの人々が、BlackRock社のCEOであるLarry Fink氏が表現したように、ビットコインが”マネーロンダリングの指標”であるという架空の話を広めようとしているのです。

先週、Paypal社の前CEOを務めたBill Harris氏(以下、Harris氏)は、扇動的な論説を発表し、ビットコインは犯罪者達にほぼ独占的に使用されていると主張しました。

その証拠として、Harris氏は、ダークウェブ取引市場のSilk Roadや、ビットコインでのランサムウェア攻撃を挙げています。

前者は、2013年に既に閉鎖されており、後者は、実際、メディアが取り上げているよりも非常に小規模の経済的影響しか与えていないのです。

Bitcoin Has No ‘Visible Impact’ on Financial Crime: Hong Kong Government

May 1, 2018 by Josiah Wilmoth

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加