ビットポイントジャパン、銘柄の新規上場を発表

IOST新規上場

暗号資産(仮想通貨)取引所ビットポイントは28日、銘柄の新規上場を発表した。

対象となるのは、アイオーエスティー(IOST)で、5月10日11:30に取引開始の予定。「BITPOINT」と「BITPOINT PRO」の両方で取り扱われる。

IOSTは、Javascriptネイティブで開発が可能なdApps(分散型アプリケーション)環境やPoB(Proof of Believability)という独自のコンセンサスアルゴリズムを有するスケーラビリティとブロックチェーンの公平性に注目を当てたプロジェクトだ。国内では、コインチェックやOKCoinJapanなどで取引されている。

関連IOST、エコシステム開発のため120億円規模のファンドを設立

関連仮想通貨取引所ビットポイントとは|主な特徴と注目ポイントを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します