仮想通貨取引所XT.com、EGXトークンの取り扱い開始

EGXトークン上場

暗号資産(仮想通貨)取引所XT.comは20日、マレーシアのEnegra Groupとの提携を発表した。同社の提供するEGXトークンの取り扱いを30日より開始した。

イーサリアム(ETH)テザー(USDT)建の2通貨ペアを日本時間30日16時より提供。

Enegra Groupは貴金属などのコモディティーを新興国で採掘するマイナーの資金調達を支援するプラットフォーム。100%資産に裏付けされたデジタル証券トークンを発行しており、同様の企業としては世界でも初めて規制に準拠した経歴を持つ。

EGXトークンはEnegraのセキュリティートークンで、KYC確認を経たホワイトリストユーザーのみが売買できる。

今回のEGX上場について、XT.comのグローバルCMOであるAnis氏は以下のようにコメントした。

Enegraと連携して、XTプラットフォーム上でEGXトークンを上場することができて嬉しく思う。共に成長し、トレーダーの皆様により良いトレード体験を提供していきたい。

XT.comとは

XT.comは2018年にセイシェル共和国で設立された仮想通貨取引所。現在はドバイに運営本部を構えつつ、シンガポールやソウルなど世界各地で事業を展開している。

現物取引から先物、証拠金取引なども対応しており、ビットコイン(BTC)やイオス(EOS)など500銘柄以上を対象とした800を超える取引ペアを提供。月間アクティブユーザーは30万人、登録者数は300万人を誇る。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します