仮想通貨投資アプリVoyager Digital、77億円調達

Alameda主導ラウンド

米暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームVoyager Digitalは16日、プライベートラウンドで77億円(6,000万ドル)を調達したことを発表した。

今回のラウンドを主導したのは、大手仮想通貨取引企業Alameda Researchで、Digital Currency Group(グレースケールの親会社)やGalaxy Digitalも参加。Voyager Digitalはトロント証券取引所に上場している企業で、今回の資金調達は第三者割当増資によるものだ。

Voyagerはさまざまな仮想通貨銘柄の取引や有利子口座を提供するプラットフォーム。3月31日に終了した第3四半期の売上高は1億270万ドルで、前年同期比70%増となったが、営業損益は前年同期の2,980万ドルの利益に対し、4300万ドルの損失を記録した。

また、3月末には有利子口座が未登録の有価証券販売にあたるという証券法違反の疑いをめぐって複数の米国州当局から新規口座開設サービスの停止命令を受けていた。

関連米Voyagerの仮想通貨有利子口座、複数州の当局から停止命令

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します