バイナンス、Optimismネットワークに対応開始

レイヤー2種類を増やす

仮想通貨業界最大手の取引所バイナンスは20日、イーサリアム(ETH)レイヤー2のOptimism Networkからの入金に対応開始したことを発表した。

適用する銘柄は、イーサリアム(ETH)で、現時点ではOptimism Networkからの入金が利用可能。出金に関しては、バイナンスウォレットのETH在庫次第で利用可能になるという。

Optimismは、「Rollup(ロールアップ)」という技術を活用し、イーサリアムブロックチェーンのスケーラビリティを向上するためにレイヤー2の開発を行っている。プロダクトの1つが「Optimistic Ethereum」というL2ブロックチェーンで、現在は独自のトークンなしで稼働している。

関連イーサリアムL2「Optimism」、エコシステム開発ファンドの運営計画を公表

バイナンスは以前にも別のL2ネットワークを統合したことがある。昨年の11月より、「Arbitrum(アービトラム)」というレイヤー2ソリューションに対応している。

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します