イーロン、ツイッターの買収撤回に

買収しないことに

テスラのCEOイーロン・マスク氏は8日、ツイッターを買収することを撤回する意思決定を同社に知らせた。

SECに提出された書類によると、マスク氏側の弁護士は、契約上必要だとしたように、マスク氏が要求した関連ビジネス情報をツイッター側は提供しなかったと主張。マスク氏は当初、収益化可能なデイリーアクティブユーザー(mDAU)の約5%がスパムアカウント(偽アカウント)であるというツイッターの主張を精査したいとし、合意した総額440億ドル(約5兆9000億円)買収の手続きを一時保留していた。

また、弁護士は、ツイッターが通常の事業の流れを変える前にマスク氏の同意を得るという契約上の義務に違反したと主張し、同社による最近の従業員解雇の動きを指摘している。

現時点では買収は取りやめになったが、ツイッター社は、マスク氏が手を引いたことを理由にマスク氏を提訴し当初の契約を守らせるか、より大きな報酬を得ることを求めることも可能だと米CNBCは報じた。

関連米ツイッター社取締役会、イーロンの買収提案受け入れを推奨

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します