米ドルに裏付けられた新たな仮想通貨「Stronghold USD」を発表:IBMが支援を表明

米ドルに裏付けられた新たな仮想通貨Stronghold USDを発表
7月17日、米ドルとのペッグ通貨として、ステラ・ブロックチェーンを使用した新たな仮想通貨”Stronghold USD”が発表された。大手企業のIBMが支援を公表し、テザー(USDT)の代替としても注目を集めている。
Stellarとは
国境を超えた送金や決済を可能にすることを目指している通貨。世界中の金融アクセスとリテラシーを拡大することを目的として、マウントゴックスの創設者ジェド・マケーレブ氏が中心となって開発した。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

IBMが新規仮想通貨Strongholdを支援

7月17日に、Strongholdと呼ばれる仮想通貨スタートアップが、法定通貨米ドル(USD)とのペッグ通貨となる仮想通貨”Stronghold USD”を仮想通貨Stellar(ステラ)のブロックチェーン上で発行することを発表しました。

この「Stronghold USD」は、既存ペッグ通貨のテザー(USDT)同様、米ドルに完全に裏付けられた仮想通貨となり、仮想通貨特有の高いボラティリティの影響を最小限まで抑えた、新たな”安定した仮想通貨”となっています。

ドルの準備金を取り巻く懸念から、論争を巻き起こしている「テザー(USDT)」問題が記憶に新しいところですが、Tether Limited(テザーコインの運営母体)は、流通しているトークンの数を計上するにあたり、十分なドルを保有していない可能性があるとして懸念されており、今回の「Stronghold USD」の発表は、市場から歓迎されています。

コンピュータ関連大手のIBMがこのプロジェクトを支援すると発表したことから、大きな注目が集まっています。

Stronghold USDとは

Stronghold USDは、ネバダ州に認可されているPrime Trustという会社を通して発行され、集められた法定通貨は、アメリカ合衆国の公社である連邦保険預金公社(Federal Deposit Insurance Corporation、FDIC)に加盟している銀行に預けられるとされています。

Prime TrustのCEOを務めるScott Purcell氏は、Stronghold USDは適切に監査され、「その資金はFDIC加盟銀行でのみ管理される」と主張しました。

FDICは、金融危機などで銀行が破産に追い込まれた際に、25万ドル(約2,800万円)までの保証がついており、もしその金額を超える額を預金する場合は、複数のFDIC加盟銀行を使用すると記述しました。

さらに、トークンを発行する際にも、トークンを換金する際にも本人確認(KYC)やアンチ資金洗浄(AML)のチェックを厳重に行い、規則に則った運営をすることが強調されています。

現時点でこの”安定した仮想通貨”は、金融機関や、多国籍企業、資産運用管理会社など、法人向けに開発されているものの、将来的には一般向けにトークンを公開することも検討しているとされています。

IBMの現在までの取り組み

IBMは、2017年10月に仮想通貨ステラと”パートナーシップ契約”を結んでおり、2018年初めにも、IBMは仮想通貨関連分野をさらに発展させるために、Wells Fargoから、Jesse Lund氏を引き抜き、ブロックチェーン開発部門の責任者に抜擢しました。

そしてLund氏は、IBMが仮想通貨関連ビジネスの応用に関心を示していることを明らかにしています。

2017年5月にもIBMは、環境テックスタートアップであるVeridium Labとの提携を発表し、温室効果ガスの国際間経済取引(カーボンクレジット)をブロックチェーン上で実現しようとする取り組みを始めました。

その”カーボン・クレジット・トークン”をステラ・ブロックチェーンで発行することで、透明性と効率性を高めることを目的としています。

Lund氏は、今回のStrongholdが、「金融機関に使用されることで、決済だけでなく、食物追跡や、国際貿易、サプライチェーンなど、さらなるメインストリームへの進出を果たし、様々な分野で使用される未来を描いている」と語り、「私たちは、仮想通貨を仮想通貨取引という使用用途だけでなく、日常的に行われる取引に応用したいと考えている」とまとめました。

そしてIBMは、「Stronghold USDは、米ドルに裏付けられ、リアルタイムでの国内外支払いの基礎を固める新しいタイプのデジタル通貨だ。これは、IBMが提唱するトークンエコノミーの布石となっている。」と記述していることから、今後の進展も期待されています。

CoinPostの関連記事

ステラ(Stellar/XLM) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、ステラとは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
IBMがVeridium Labと提携:Stellarブロックチェーンでトークン発行を計画
コンピューター関連大手のIBMと環境テックスタートアップVeridium Labが提携し、仮想通貨Stellarのブロックチェーン上で、カーボンクレジット・トークンを発行する計画を発表しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用