米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施へ

新規銘柄に関する発表

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは2日、2銘柄の新規取扱を発表した。

新たに取り扱う銘柄は、ERC-20版のSuperRare(RARE)とTE-Food(TONE)。RARE-USD、RARE-USDT、TONE-USD、TONE-USDTの通貨ペアとして提供し、取引は2日の9時(PT時間)以降開始する予定だ。

SuperRareはNFTマーケットプレイスの一つで、RAREは、SuperRare内のガバナンストークン

TE-Foodは、食品サプライチェーンに特化したブロックチェーンソリューションだ。AEONやGrainCorpなどの企業が利用しているという。

関連米SEC、コインベースの未登録証券提供を捜査か=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します