L1ブロックチェーンInjective、トークン販売で大手ファンドから53億円調達

Jump Cryptoが主導

レイヤー1ブロックチェーン「Injective」は10日、調達ラウンドでトークン販売によって53億円(4,000万ドル)を調達したことを発表した。

ラウンドを主導したのは大手仮想通貨VCのJump Cryptoで、欧州著名投資会社「Brevan Howard」傘下の仮想通貨投資ファンド「BH Digital Multi-Strategy Fund」も参加。

BH Digitalは先週総額10億ドルの資金調達を実施したばかりだ。

関連欧州著名投資会社「Brevan Howard」、仮想通貨投資ファンドで1,300億円調達

また、Jump Cryptoは今回の参加によって、InjectiveエコシステムのdApps「Injective Pro」のマーケットメイカーになる予定だ。

Injectiveは2021年11月にメインネットをローンチした、分散型金融(DeFi)のユースケースに特化した相互運用を追求するブロックチェーン。主な特徴として、オンチェーン・オーダーブック(注文板)とガス代削減のインセンティブなどが挙げられる。

また、8月2日の報告によると、Injectiveのオンチェーン・トランザクションは約120億円に達しているという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します