ウクライナ:仮想通貨を金融商品として規制することに同意へ

仮想通貨を金融商品へ
ウクライナの金融安定理事会は、ブロックチェーンに基づいたバーチャルカレンシーを金融商品と見なし規制する理念を支持している、と発表しました。国家をあげて認められていく仮想通貨の未来は明るくなるのではないでしょうか。

ウクライナの国家証券株式委員会(証券取引委員会相当)の委員長を務めるTimur Khromaev氏は、7月20日にフェイスブックの公式アカウントで、金融安定理事会は、ブロックチェーンに基づいたバーチャルカレンシーを金融商品と見なし規制する理念を支持していると発表しました。

適切な仮想通貨規則

ゆっくりと着実に、多くの政府がデジタル通貨界隈の規制を決め始めているため、世界的な規制のはっきりとしない暗い雲が消えていっています。

ウクライナ国立銀行、財務省、国家金融サービス市場委員会、国家証券委員会、預金保証積立金を含む規制当局の職員から構成された金融安定理事会は、地元の仮想通貨産業を適切に規制することに合意し、ウクライナ人保有者にとって大成功でした。

Khromaev氏によると、特定のカテゴリーの仮想通貨とトークンが金融商品として認識され、デジタル通貨界隈における規制当局の様々な役割が明確になります。

更に、委員長は、国会·仮想通貨擁護者と協力し、法的枠組みを立法し執行する心構えが確認できたと強調し、ステークホルダーとウクライナの仮想通貨コミュニティの間における健全な関係と高い透明度を育成するための土台作りに必要不可欠だと考えられるようです。

長期的な到来

2018年5月14日、NSSMCの委員長が業界の規制枠組みの考案についての立場を表明したとの報告が出されました。

その時、仮想通貨業界は世界的に”経済的・財政的関係面”で急速に批判を受けており、ビットコインや他の仮想通貨通貨を金融商品として規制することが理にかなっていると結論づけました。

ビットコインとアルトコインが公式に貨幣に分類されていないとしても、ウクライナ人の大多数は、急成長している仮想通貨のエコシステムに非常に興味を持っています。

2月には、BTCManager は、ウクライナ警察のサイバー部門が、ウクライナ国内でデジタル資産の完全合法化の支持を表明したと報告しました。

サイバー警察はウクライナで仮想通貨とマイニング業務を合法化することに賛同している格好です。

更に、ウクライナのBTCホルダーたちが首都であるキエフに中本聡像を立てようとしている中、国内における軟化した法的規制はBTCがムーンする一つの契機となりうるとも考えられるようです。

Ukrainian Authorities Agree to Regulate Bitcoin and Other Cryptocurrencies as Financial Instruments

July 22, 2018 1:00 by Ogwu Osaemezu Emmanuel

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加