CryptoPunks、NFT保有者に商権ライセンスを付与へ 初期のV1NFTは対象外

CryptoPunks、IPライセンス規約を公開

人気NFT(非代替性トークン)コレクションCryptoPunksは16日、知的財産(IP)に関する新たなライセンス規約を発表した。

ライセンス規約では、CryptoPunks NFTの保有者に、商権ライセンスが付与される。NFTに基づくアートやグッズを作成し、あらゆるメディアで商業的・非商業的に利用することが認められる。

NFTを譲渡した場合は、その知的財産権(IP)自体は、次の所有者に移転する。一方で譲渡後も過去のNFT所有者は、すでに作成・公開したアートやグッズを継続して活用し、そこから利益を得ることが許可される。

なお、グッズ作成の上では、CryptoPunksの3次元モデルを作成し、新しい衣服を追加することはできるが、個々の特徴(髪型、アクセサリーなど)を抽出して別の作品に使用することはできない。

また、CryptoPunksを管理するYuga Labsが、CryptoPunksのキャラクターアートに関するすべての著作権、商標、その他のIPを含む権利を保有するが、ユーザーがNFTを保有している間は、その保有NFTに関するアート使用のライセンスを付与する形である。

CryptoPunksとは

NFTアートの一種で、宇宙人など様々な個性あるキャラクターの作品が人気を博している。収集可能なNFTプロジェクトの先駆けで、2017年に1万体のキャラクターNFTの無料配布が行われたことを始まりとする。イーサリアムブロックチェーン上で所有権の証明を行う。

▶️仮想通貨用語集

V1はライセンスの対象外

なお、初期のV1 CryptoPunksはライセンス付与の対象外となっている。

Yuga Labsは3月に、元々Crypto Punksを提供していたLarva LabsからCryptoPunksなどのIPを取得。V1は、2017年にLarva Labs創設者のMattとJohnがリリースした初期のCryptoPunksのことである。

オリジナルのV1スマートコントラクトでは、購入時に売り手ではなく買い手にイーサリアム(ETH)が配布されてしまうコードミスがあった。つまり、購入者が購入代金を即座に返金された格好だ。

このバグが発見されてすぐに、新しいバージョンのPunks(V2)がリリースされた。このV2が現在公式のCryptoPunksプロジェクトとみなされている。

また、V1についてはコミュニティメンバーが、バグを解消するために別のスマートコントラクトに預けてラップドバージョンであるCryptopunks v1 wrapperを作成。二次流通市場で取引されるようになっていた。

CryptoPunksのブランドリーダーであるNoah Davis氏は、V1に関して「個人的には、Matt氏とJohn氏のクリエイティブな過程が残した、非常にクールなものだと思う」とコメント。一方で、V1は「ミスプリントされたもの」であっても正統なコレクションとはみなされないとの見解を示している。

また、Larva Labsの行動により、V1の正統性をめぐる混乱も生じていた。CryptoPunksを以前管理していたLarva Labsが、V1は「公式のCryptoPunksではない」と述べる一方で、自分達のウォレットに保有していたV1 Punksの一部をラップドバージョンとして販売したためだ。

後日、Larva Labsは混乱を招いたことについて謝罪し、売上金を慈善団体に寄付している。

コミュニティメンバーの一部からは、V1 Punks と公式 (V2) CryptoPunksを統合するための独立した自律分散型組織(DAO)を作りたいとの声も上がっており、V1の取り扱いについてはしばらく議論が続きそうだ。

自律分散型組織(DAO)とは

自律的に機能する分散型組織を指す。「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します