米コインベース、ヘデラ(HBAR)取り扱い開始

HBAR取り扱い開始へ

米国の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは13日、ヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)の取り扱い開始を発表した。

HBARの入金は既に開始しており、流動性が基準に達し次第、14日午前1時(日本時間)以降から取引を開始する予定だ。

取り扱いペアは米ドル(USD)とテザー(USDT)建の2種類を段階的に提供していく。

へデラはコインベースの上場予定銘柄リスト(ロードマップ)に8月末に追加されたばかりだった。

関連:米コインベース、へデラの新規取扱予定を表明

へデラとは

へデラ・ハッシュグラフ(HBAR)はDLT(分散型台帳技術)の開発・提供を手がけるプロジェクト。ブロックチェーンではなく、有向非巡回グラフ(DAG:Directed Acyclic Graph)というデータ構造を採用。合意形成アルゴリズムにはハッシュグラフと呼ばれる非同期ビザンチン障害耐性(aBFT)アルゴリズムを活用している。

独自トークンのHBARはネットワーク内でのステーキングなどで利用される。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します