CoinPostで今最も読まれています

SECのビットコインETF肯定派:『クリプト・ママ』が否決に反対した理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SECのビットコインETF否認に反対
SECコミッショナーのHester M. Pierce氏は、公式サイトでビットコインのWinklevoss ETFの否決判断に疑問を呈し、SECの役割の範疇を越えていると指摘。このことで”Crypto Mom”と愛称が付き、フォロワー数も急増している。
ETPとは
Exchange Traded Productsの略で、「上場取引型金融商品」のことで、ETF、ETN、ETCの総称を指す。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

SEC(米国証券取引委員会)が、「ビットコインETF」の1つ(Winklevoss)を否決したことで、思惑で上昇していたBTC価格に冷や水を浴びせました。

しかし、この判決は議論を呼んでおり、SEC内でも満場一致というわけではありませんでした。

SECの役割ではない

SECを監督するコミッショナーの1人「Hester M. Pierce」氏は、同委員会のウェブサイトで、今回の判決に公式的に不賛成であることを意思表明しました。

Pierce氏は、トランプ大統領によって任命され、今年の1月に現職に就いています。

Pierce氏は、以下のように記述しています。

委員会の役割は、投資家が”賢明な投資”を行うための情報を確実に得ることが出来るようにすることと、市場参加者が相互作用する中で不正を防ぎ、透明性を確保できるように取引所をデザインするために規則を設けることである。

私は今回、SEC委員会の判断は、”本来の役割”の範疇を越えていると感じている。SECは、取引所が上場させようとする商品の基礎となる市場の質や特性ばかりに注視しているのではないか。

またPierce氏は、SECが「メリット・レギュレーション」に関わることについても指摘しています。

メリット・レギュレーションとは

取引が公平かつ正当に行われているかを審査すること。現在、証券取引における機能などを検討することを指す。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

予測可能な未来のため、仮想通貨基盤のETP(上場取引型金融商品)を承認することを妨害することで、委員会はメリット・レギュレーションに関わっていると言える。

ビットコインは新しい現象であって、長期的に機能するかどうかわからず、成功するかもしれないし、失敗するかもしれない。

しかし、委員会はビットコインやその他の資産(仮想通貨)が、どちらの結果になるかどうかを評価できるほど、自身の立場を確立できていない。

ETFの否認は、投資家保護ではなく逆効果

Pierce氏は、ビットコイン市場は価格操作による影響を受けやすいというSECの懸念は、SECがすでに承認した他のETP(上場取引型金融商品)にも当てはまる問題点であり、SECの考えは首尾一貫したものではないと非難しています。

今回のSECの判決は、新しい資産クラスである仮想通貨が注目を集める機会を奪うことに加え、確立した資産として仮想通貨が成長することを妨害するため、機関の参入を妨げてしまいかねず、投資家を保護するどころか、投資家に悪影響を及ぼすと主張しています。

Pierce氏は、以下のように締めくくっています。

ETPを承認すれば、投資家はビットコインを「買うか、買わないか」を選択することができる。

今回の判決は、その選択肢を奪った。

SECの役割は、投資家を保護して資本形成を促進し、公平で秩序があり、効率の良い市場を助長することであって、決してイノベーションの門番ではない。投資家保護に徹するべきだ。

Twitterのフォロワーが激増

SECのコミッショナーPierce氏は、SECのウィンクルボス兄弟のビットコインETF否認に対し、異議を唱えたことで、同氏に仮想通貨コミュニティからの人気が集まり、一部からは“Crypto Mom(仮想通貨の母)”と呼ばれています。

同氏の異議が発表した後、すぐにRedditで専用スレッドが作成され、「仮想通貨コミュニティから、彼女に愛を送ろう」などと呼びかけられており、3日間でTwitterのフォロワー数が13,000人増加して、7月31日時点で15,000人を超えています。

CoinPostの関連記事

ビットコイン急下落|ウィンクルボス兄弟ETF不許可から見る、仮想通貨市場の状況変化
ウィンクルボス兄弟の申請していたビットコインETF申請が米国証券取引委員会(SEC)不許可となり、仮想通貨市場のBTC価格が暴落。本命視されるCboeのETFへの影響など、市場の重要点に変化はあるのか?内容を読み解いていきます。
「ビットコインETF」が重要視される3つの理由|専門家は現状をどの様に見ている?
ビットコインETF上場によって、機関投資家が市場に参入するための環境整備が整う。金ETF上場後には金価格が大幅に上昇したという歴史も。また、投資家保護にも有効。一方、ビットコインETFの上場申請が認可されないと考える専門家も存在する。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア