恵まれない子供たちを救う:有名歌手マドンナが運営する非営利団体とリップル社が提携

マドンナのプロジェクトとリップル
マドンナ氏がアフリカ・マラウイ共和国の子供たちを支援する新プロジェクトを発足。Ripple社との提携も明らかにされ、寄付金は「Raising Malawi基金」が運営する児童養護施設「Home of Hope」に直接献金される。

マドンナのプロジェクトとリップル

アメリカの伝説的歌手で「ポップスの女王」とも呼ばれたマドンナ氏が、自身の誕生日(8月16日)を記念して、7月30日に、Facebookおよびリップル社と提携し、1ヶ月間に渡って「アフリカ・マラウイ共和国」の子供たちのために寄付金を募るプロジェクトを行うことを発表しました。

同氏は、女性の権利向上のみならず、あらゆる差別や人権のために闘う女性としても知られており、アフリカの支援

そのプロジェクトは、7月30日から8月31日にかけて行われ、集められた寄付金は、マドンナ氏と「アイスエイジ」などを手掛けたアメリカの脚本家Michael Berg氏によって、2006年に設立された非営利団体「Raising Malawi」基金を通して、アフリカのマラウイ共和国の支援に当てられます。

マラウイ共和国は、世界で最も貧困とされる国の一つであり、国際通貨基金によると人口の50%以上が生活必需品を購入することができる最低給与水準を示す、「貧困線」を下回っているとされています。さらに、同国の100万人もの子供たちが、両親または、片親をHIV(エイズ)などの感染症により失っています。

今回のプロジェクトに対し、マドンナ氏は、以下のようなコメントを出しています。

私は、恵まれない子供たちに愛のある家庭環境を提供することに対して、揺るぎない責任感を抱いている。私の誕生日には、この美しい国と世界中のファミリーを繋げることで助けを求めている子供に手を差し伸べることができるのは、最良のプレゼントだ。

この寄付によって集められた全てのお金は、食事や学校、制服、医療に直接使用される。友達、ファンの皆さん、サポーターの人々と一丸となってマラウイ共和国の子供の生活を向上させることで、子供たち自身が「大切にされ、愛され、保護されている」ことを感じて欲しいと思っている。

そしてリップル社は、その影響を倍増させることを可能にしている。

さらに、リップル社も今回のプロジェクトへの参画に対し、以下のようなコメントを公式ウェブサイトで公開しました。

リップル社とそのエグゼクティブチームは、国際コミュニティと周縁化された人々の間にある敷居を無くすことを重要視している。

金融への参画のための教育や、基本的な福祉サービスへのアクセス、教育の向上、初等教育の支援、環境リテラシーの向上、保全などを促進するプログラムの提供に焦点を当てている。そして、今回のRaising Malawiへの寄付もこの哲学を象徴する取り組みの一つである。

7月30日に開始されたこの取り組みは、マドンナ氏が管理するFacebookページ「Raise Malawi in Honor of Madonna’s Birthday!」というページで寄付を募っており、誰でも気軽に寄付を行うことができます。

8月1日時点で、わずか2日間で537人の支援者から、26,476ドル(約296万円)が寄付されており、すでに当初の目標額である60,000ドル(約670万円)の半分近くの額に達しています。

リップル社は、過去にも発展途上国の銀行口座を所有していない貧困層でも決済を可能にするプラットフォーム提供を行うため、ビル・ゲイツ財団との提携も発表しています。

同社は、今回のマドンナ氏の非営利団体との提携も含め、世界的に有名な人々と着々と提携し、世界的経済格差という問題の解決に取り組んでいることから、今後の動向も注目されています。

CoinPostの関連記事

南アフリカ共和国の人口の半数が仮想通貨への投資を支持
南アフリカの大手ウェブサイトが4月に行った調査によると、今までに仮想通貨を購入したことのない国民のうちおよそ50%が、2018年中に仮想通貨への投資を考えているとのことです。
アフリカの若手投資家が受ける”ビットコインの恩恵”
アフリカでは、口座開設自体の敷居が高くある中、スマホなどインターネットさえあれば売買可能で、金融システムにアクセスできるビットコイン(BTC)は重宝される。その一端を担うのは、PaxfulのようなP2Pの仮想通貨取引所だ。

Nuamfolio / Shutterstock.com

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加