日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が、金融庁に対し認定資金決済事業者協会を申請

一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、2018年8月2日付で、金融庁に対し仮想通貨交換業に係る認定資金決済事業者協会の認定申請書を提出しましたことを、発表した。

今後は、金融庁による認定に向けた審査を受けつつ、引き続き、自主規制規則等の制定及び実効的な運用のための態勢を整備し、自主規制の施行の状況とその遵守の為の会員における業務の態勢整備、実行状況を把握するなど、利用者の皆様が安心して会員の提供する仮想通貨交換サービスをご利用いただける環境の確保に努めてまいります。

と掲載、継続して仮想通貨の健全化、利用者の利益の保護に資することを目的として活動する。

なお同協会は、顧客の取引金額に上限を設けることを業者に義務付けるや、レバレッジ規制など、新たな自主規制ルールを設ける方針を固めたことを発表している。

参考記事:jvcea.jp

CoinPostの関連記事

相次ぐ仮想通貨の自主規制ルール、日本市場への影響は?
仮想通貨交換業者(仮想通貨取引所)の業界団体である「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」が、顧客の取引金額に上限を設けることを業者に義務付ける、新たな自主規制ルールを設ける方針を固めた。これはレバレッジ規制に続く形で報道されたが、今後日本市場にどのような影響が出るのか?
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加