【速報】米SEC、Cboeが申請しているVanEck「ビットコインETF」の審査可否を9月30日に持ち越し

米国SEC(証券取引委員会)は8日、VanEck・SolidXによるビットコインETFの申請に対し、公式文書を発表した。

SECの公式文書によると、「Securities Exchange Act of 1934」(証券取引法)に基づき、審査可否に関するルールを「Cboeに申請を開示・提案された取引所ルール変更を十分に審議するための必要日数」を45日間、もしくは90日間に定めており、審査結果の公表日について期限一杯となる「2018年9月30日」になると、初めて記述された。

SECでは、日本時間7月2日にVanEck・SolidXによるビットコインETFの情報を開示。8月7日までに、同ETFへ対する1,300通以上のパブリック・コメントを受け付けていた。

申請可否の判断について、情報開示から起算して45日計算だと「最短で8月16日(木)に発表があるのでは」との見方もあったが、SEC側は金融市場に及ぼす影響の大きさなどを鑑みて、審査を進める過程で最大限”慎重な判断”を選択したことになる。

なお、ウィンクルボス兄弟が申請していたビットコインETFは、SECによる厳格な条件を満たさなかったとしてすでに否決されているが、今回の「VanEck版ビットコインETF」は、Cboeの申請であることと、SECの要求水準を満たすように作られた”商品設計”が今までの申請されてきた数々のETFと一線を画していると評価されており、市場からも初認可に期待が掛かっている。

参考:米国証券取引委員会:pdf内容

ビットコインETFの可否判断は、最大240日(2019年2月頃)まで延長する可能性

より詳しい内容を考察した記事は、こちらをどうぞ。

ビットコインETFの可否判断は、最大240日(2019年2月頃)まで延長する可能性:暴落の原因を探る
ビットコインは8日、日本時間早朝4時過ぎに79万円から73万円まで価格が急落、期待感の募っていたCboeのビットコインETFに関するSECの公式文書が発表されたことが、投資家心理に作用し、相場の下落に繋がった。

CoinPostの関連記事

SECのビットコインETF肯定派:『クリプト・ママ』が否決に反対した理由
SECコミッショナーのHester M. Pierce氏は、公式サイトでビットコインのWinklevoss ETFの否決判断に疑問を呈し、SECの役割の範疇を越えていると指摘。このことで”Crypto Mom”と愛称が付き、フォロワー数も急増している。
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら