CoinPostで今最も読まれています

ビットコインETFの可否判断は、最大240日(2019年2月頃)まで延長する可能性:暴落の原因を探る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインは8日、日本時間早朝4時過ぎに79万円から73万円まで価格が急落しました。

8月に入ってから下落が続くビットコインだが、5日以降は一時的に下落の流れが落ち着いてはいたものの、期待感の募っていたCboeのビットコインETFに関するSECの公式文書が発表されたことが、投資家心理に作用し、相場の下落に繋がったと考えられます。

ビットコインETFの影響

既存の上場投資信託という枠組みに入ることで、機関投資家の参入障壁となっている、国際的な規制の整備や、ビットコインを含む資産クラスの定義の曖昧さ、保有リスクなどの低減につながり、ビットコイン市場に参入しやすくなるといった利点で、現在一般投資家を中心に取引が行われている仮想通貨市場へ大きな変化をもたらす要因として注目されているビットコインETF。

現在に至るまで、かなり多くのビットコインETFの申請が行われ、7月24日のDirexion Investments投資会社から提出された5つのETF申請の可否判断の延期、7月27日のSECがウィンクルボス兄弟のビットコインETF申請を非承認にしたことなど、相場を乱高下させる要因となっていました。

その様な中でも、依然最有力視されていたのが、本日SECの公式文書が発表されたCboeのVanEck・SolidXによるビットコインETFとなります。

なぜ有力視されているのかは、以下の記事で解説していますので、読んでいただければ、より内容を把握しやすいと思います。

CoinPostの参考記事

【速報】米SEC、Cboeが申請しているVanEck「ビットコインETF」の審査可否を9月30日に持ち越し
米国SEC(証券取引委員会)は8日、VanEck・SolidXによるビットコインETFの申請に対し、公式文書を発表した。 SE...

Cboeの可否判断日程の公表

では、今回発表があった米SEC(証券取引委員会)のCboe関連ETFに関する内容を見ていこうと思います。

SECの公式文書では、「Securities Exchange Act of 1934(証券取引法)」に基づき、審査可否に関するルールを「Cboeへ申請を開示・提案された取引所のルール変更を十分に審議するための必要日数」を45日間、また必要に応じて45日を追加して90日間と定めており、審査結果の公表日が期限一杯となる「2018年9月30日」となると、初めて具体的な日程が記述されました。

出典:SEC

ではなぜ下落したのか?

申請可否の判断について、情報開示から45日計算だと「最短で8月10日、または15日に発表があるのでは」との見方もあったが、SEC側は金融市場に及ぼす影響の大きさなどを鑑みると、審査を進める過程で最大限”慎重な判断”を選択したことになります。

現在、ビットコインの相場は下落傾向にあるため、7月末まで続いたビットコインETF期待が織り込み済みとなる相場となっていたことや、発表される可能性があるとされていた日程が近づいていた状況下での、可否判断延長が行われたことが、投資家心理に影響した形であると考えられます。

この延期は最長でどこまで延期されるのか?

SECがCboe関連ETFの可否判断の延期を発表しましたが、この延期は最終延期となるのでしょうか?過去のETFとSECの申請書類から読み解いていきます。

このビットコインETFの可否判断日程が延長されたことは初めてではありません。

上述した様に、直近では、7月24日のDirexion Investments投資会社から提出された5つのETF申請の可否判断が延長されています。

このDirexion Investmentsが提出したETFの延期は、実は既に240日の延長処置が取られています。

この様に、元々ETFは連邦証券法に入っていなかった為、個別に免除を申請しなければならず、SECは最長で7月2日の申請日から起算して、最大240日(2019年2月頃)まで可否判断を延長する事が可能です。

その流れは以下の通りです。

流れ

1. ETFがルールの変更をSECに求める

2. SECは連邦官報に申請を記述にコメントを求める

3. 可否判断日程に45日の期間が設けられる

しかし必ずしも45日でなければならないわけではなく、最大で3回延長できる。

1. 長い期間が適切である場合(慎重な審査)、45日の延長

2. それでも判断がつかなかった場合、公聴会などを開催など、90日の追加延長

3. この90日延長の期間により長い時間が必要な場合は、60日の延長が可能

これらを含めると、元の45日と3回の延長をプラスして最大240日となります。

出典:米国証券取引法

出典:米国証券取引法

また以下が、Direxionの延期の状況です。

パブリック:1/24

延長1回目:3/1(次回45日後)

延長2回目:4/23(次回90日後)

延長3回目7/24(次回60日後)

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/23 土曜日
18:00
米コインベースが過去に欧州FTX買収を検討
米仮想通貨取引所コインベースは破綻したFTXの欧州法人を買収することを検討していた。デリバティブ商品に力を入れていることが背景とみられる。
17:10
グーグルクラウド、BigQueryにアバランチなど11のブロックチェーンを追加
Google Cloudは、ビッグクエリ公開データセットにアバランチ(AVAX)など11の仮想通貨ブロックチェーンを追加したと発表した。
07:40
イーサリアム「Dencun」、2024年に実施か
仮想通貨イーサリアムの開発者は21日に会議を開催。次期アップグレードDencunについて、実施が来年初めになる可能性が示された。テストの開始が遅れる可能性があるという。
09/22 金曜日
16:29
大手VCパラダイム「仮想通貨は新たな惑星のようなもの」 投機需要も欠かせないと見る理由
仮想通貨関連技術に特化した米大手ベンチャーキャピタルParadigmは、「火星のカジノ」と題した論説で、仮想通貨を新しい惑星に例え、投機的な投資も「移住の起動プロセスの一部」として欠かせないものだと主張した。
16:15
セガ三国志大戦IP活用のBCG「Battle of Three Kingdoms」、動画初公開
  三国志大戦のIP活用BCGのチュートリアル動画公開 セガの人気ゲーム『三国志大戦』のIPを活用し、double jump.tokyo株式会社が開発を手がける新作ブロックチェ…
14:00
米FRB「資産のトークン化」に警鐘
米FRBは、トークン化が金融安定性に及ぼす影響について詳細に調査した論文を公開した。トークン化がデジタル資産のエコシステムと伝統的な金融システムとの相互接続を促進し、伝統的な金融システムに新たなリスクをもたらす可能性があると指摘している。
13:40
「Proof of Play」、a16zなどから約50億円調達
ブロックチェーンゲーム企業「Proof of Play」はシードラウンドで約49億円を調達した。プレイヤーが世界構築に参加できるWeb3ゲームを開発していく。
12:17
ビットコイン続落、FOMC後の金融引き締め長期化懸念で日米株安進む
暗号資産(仮想通貨)相場でビットコインが続落した。FOMCにおけるFRBの2024年の金融政策見通し悪化を受け、株安が進んでいる。
12:00
10年ぶりの日銀総裁交代、植田新総裁の金融政策は
2023年4月8日に黒田前総裁が退任し、翌9日より植田新総裁が就任し新体制へ。黒田前総裁は10年間でどのような政策をとり、経済・市場環境にどのような影響を与えたのか、また植田新総裁の現時点で発表されている政策による今後の影響も解説します。
11:45
韓国釜山市がWeb3産業育成に本腰 取引所も設立へ
韓国の釜山市はブロックチェーン育成関連の計画を発表。独自メインネットやデジタル資産取引所、100億円規模の育成ファンドを立ち上げるとしている。
11:00
チューリンガムの親会社クシム、Zaif親会社と経営統合へ
Web3企業チューリンガムの親会社クシムは、カイカエクスチェンジホールディングスと経営統合することを取締役会で決議したと発表した。仮想通貨取引所Zaifの運営企業も連結対象となる予定。
08:45
バイナンス、ETHのガス代を1日で計1億円相当支払い
仮想通貨取引所バイナンスは21日に、イーサリアムのガス代を1日で合計1.2億円相当も支払ったことがわかった。バイナンスの担当者が経緯を説明している。
08:10
恐怖指数上昇 米国株続落、日銀マイナス0.1%金利維持|22日金融短観
本日米NYダウは続落。ナスダックとS&P500は6月以来の安値となった。昨日のFOMC会合では市場の予測通りに金利据え置きが発表されたが、年内1回の追加利上げの可能性が示唆された余波を受けた形だ。
05:52
欧州MiCA法施行に向けてバイナンスのステーブルコイン対応は|22日朝の重要速報まとめ
仮想通貨取引所バイナンスは来年6月までに欧州市場でステーブルコインの上場廃止を検討しているか。CZ氏は報道を否定した。
09/21 木曜日
18:00
仮想通貨擬人化BCG「コインムスメ」がSTEPN運営と提携、GMTアイドル「ジェムティ」誕生
ブロックチェーンゲーム「コインムスメ」は、STEPN運営Find Satoshi Labとの提携により誕生した「ジェムティ(GMT)」のデザインを公開した。限定NFT200枚を抽選でプレゼントする企画も行われる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧