ハンガリー政府:仮想通貨の規制方針を検討中

ハンガリー政府はビットコインや仮想通貨を法定通貨として認めない方針であることが同国の金融メディアPortfolioによるレポートで報じられた。

しかし、仮想通貨に対する規制の方針を定めるために現在中央銀行や税務当局、金融庁などとタスクフォースを設置している。

ハンガリーでは仮想通貨に対する税金が高い事で有名だが、厳しすぎる規制が逆に裏目に出てリスクの高いスキームに国民が投資している現状がある。

参考記事:HUNGARY DOES NOT CONSIDER CRYPTOCURRENCY LEGAL TENDER YET

CoinPostの関連記事

ICOの新規制法案が欧州議会に提出される、約10億円(800万ユーロ)以下のICOが対象に
欧州の経済通貨問題委員会にICOの新たな規制を定める草案が提出された。現在のICO市場は無法地帯であり詐欺行為を受けるリスクが大きいといった指摘を受け、ヨーロッパ全体でICOの枠組みを定めるに至った。
英国規制当局:仮想通貨取引プラットフォーム会社を警告
火曜日、英国の金融行動監視機構(FCA)は、仮想通貨取引プラットフォームを提供しているFair Oaks Cryptoが"英国民に対し詐欺を行う"ため、FCAの認可を申請しているクローン会社であると警告した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用