ソフトバンクとBaidu等が元グーグル社員の立ち上げる仮想通貨スタートアップへ300万ドル出資

CoinDeskとの独占インタビューで、元グーグルの社員が主導するチームで立ち上げた Atlas Protocolというスタートアップは、パブリック・ブロックチェーンでデータを活用するプロジェクトで、ソフトバンク所有の中国ベンチャーキャピタル専門会社SBCVCと中国インターネット最大手Baidu(バイドゥ)のベンチャー投資会社BVなどから300万ドルの開業資金調達を完了したという。

Atlas Protocolは、グーグルやフェイスブックの不透明なデータの取り扱い方と差別化し、ユーザーがデータを収集しながら、広告側がそのデータの共有でインセンティブを提供するなどの特徴があり、サーチエンジンのプロジェクトであるNebulsも参画したプロジェクトだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ソフトバンク:仮想通貨マイニング業界最大手BitmainへのIPO投資報道を否定か
Bitmain社が香港証券取引所へのIPOを計画しており、プレIPOでは150億ドルを調達したことが中国メディアQQNewsによって報道された。同報道機関はソフトバンクが資金調達に関わったと報道したが、Cointelegraphの取材によると同社はBitmain社への出資を否定している。
ブロックチェーン関連のスタートアップに優しいヨーロッパの国No.1は?
Blockshowは、ブロックチェーン関連のスタートアップにとって、良質な環境が整備されてるヨーロッパの国トップ10を発表しました。1位はスイスで、柔軟な規制や政府の取り組みが評価されました。2位はジブラルタル、3位はマルタ共和国です。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら