先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表

重要ファンダ予定表
当ページでは、「ビットコインETF」の審査期限、BTC先物満期日、仮想通貨市場価格に影響を与える得るイベント情報をまとめている。あらかじめ材料をチェックしておくことで、投資判断に役立てることができる。
ファンダメンタルズ分析とは
経済活動や業績を元に企業等の本質的な価値を分析する手法。仮想通貨の場合は、株式市場のような決算発表はないため、国際規制の動向、大手仮想通貨取引所へのハッキング、機関投資家の参入など重要ニュースが相場に影響を及ぼしやすい。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

注目イベントと通貨

イベント名 注目度 日程
Cboe ビットコイン先物SQ ★★★☆☆ 11/15(木)5:45
ビットコインキャッシュのハードフォーク ★★★★☆ 11/16(金)1:40頃
CME ビットコイン先物SQ ★★★☆☆ 12/1(土)1:00
Bakkt ビットコイン先物取引を開始 ★★★★☆ 12/12(水)
VanEck版ビットコインETF審査期限 ★★★★★ 12/29(土)(最終期限は2019年2月)

ビットコインキャッシュのハードフォーク

11/16(金)1時40分頃には、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが控えている。

複数のクライアント開発チームの意向が異なるような状況が生まれており、コミュニティ分裂の可能性も考えられる。

ビットコインキャッシュのチェーンは、大幅アップデート内容について対立する2つのチェーン(BitcoinABCとBitcoinSV)に分裂する可能性があるとされており、付与通貨の可能性を目的とした買いが殺到している。

詳細は、以下の記事を参考にどうぞ。

仮想通貨ビットコインキャッシュが6万円まで急騰|高騰要因のハードフォークはどうなる?
ビットコインキャッシュは11月15日に技術的なアップデートによるハードフォークを迎える。その際、ビットコインキャッシュのチェーンはアップデートの内容について対立している二つのチェーン(BitcoinABCとBitcoinSV)に分裂する可能性があるが、投資家の中には付与通貨を目的とした買いが殺到している。

Bakktで現物の「ビットコイン先物」開始

米ニューヨーク証券取引所の親会社であり、仮想通貨取引所Bakktを運営するインターコンティネンタル取引所が、12月12日から「現物のビットコイン先物(米ドル建て)」の取引を開始する事を発表した。

現物決済のビットコイン先物取引は、米国の規制下では今回が初となり、莫大な資金力を有する「機関投資家」の参入障壁を下げる可能性があるとして期待感が募っている。

ビットコイン市場への影響など、詳しく解説している記事はこちら。

12月開始予定の「Bakkt版ビットコイン先物取引」仮想通貨年末相場への影響と専門家の意見まとめ
仮想通貨取引所Bakktの親会社であるICEは現物決済のビットコイン先物取引を12月12日から開始する事を発表。仮想通貨市場回復に必須とされるビットコインETFと機関投資家の参入などに影響が予想される。

ビットコイン先物限月(SQ)について

ビットコイン市場では、2017年12月から米国のシカゴ・オプション取引所(Cboe)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で「先物取引」が提供されている。

先物を利用しない一般投資家にも無関係ではなく、限月(先物期限の満期日)が近付くにつれ、機関投資家などによる「ポジション解消の大量売買」が行われ、仮想通貨市場が動く可能性があるため、注意が必要だ。

先物取引とは、「特定商品を将来の指定日にいくらで売買するかを、予め約束する契約」のことで、デリバティブ(金融派生商品)の一種で、盗難やハッキング被害のリスクがないため、機関投資家にも重宝されてきた。

日本では、江戸時代に盛んだった米(農産物)の売買に関して、天候によって豊作・不作が変動しやすいことから、収穫前に行うリスクヘッジの一環として生まれたとされている。

CEM(シカゴ・マーカンタイル取引所)で取り扱うビットコイン先物限月(SQ)については、公式サイト上で、

当該限月の最終金曜日に到来し、3月スタートの四半期サイクルから直近の2限月取引が、このサイクルに含まれない暦上の直近2限月取引が上場される。」

と解説している。

つまり、一定の期間が過ぎると、投機取引のほとんどが取引最終日までに反対売買(買建ての場合は売り、売建ての場合は買戻し)を行うことにより、先物契約を解消する必要がある。反対売買が行われない建玉に関しては、ビットコイン参照基準レート(BRR)に基づいて差金決済される。

期日前後の市場への影響

ビットコイン価格の影響について、米調査会社ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズのアナリスト、トーマス・リー氏は、ビットコイン価格下落の原因は6月中旬のCBOE先物の期日にあると言及しており、「ビットコイン先物期日前の10日間で、BTC価格は平均18%減少、6日後には回復する傾向がある」と分析している。

実際、8月15日(日本時間16日 午前4時45分)に期日を迎えた、CBOEのビットコイン先物8月物決済日には、直接的な影響こそ軽微だったものの、ビットコインFXで仕掛け売りが入ったことでBTC価格が乱高下するなど、間接的な影響を与えることもあった。

Trading terminates at 4:00 p.m. London time on the last Friday of the contract month.

CMEグループ公式サイト

Cboe版ビットコインETFの審査期限

SEC(米国証券取引委員会)は8月8日、ビットコインETFについて公式文書で言及。最短で8月中旬承認の可能性があるとして、思惑先行で急騰を見せていたビットコイン相場は、大幅反落を余儀なくされた。

SECの公式文章では、以下のように表記され、初めて具体的な日程が明示された。

「Securities Exchange Act of 1934(証券取引法)」に基づき、審査可否に関するルールを「Cboeへ申請を開示・提案された取引所のルール変更を十分に審議するための必要日数」を45日間、また必要に応じて45日を追加して90日間と定めており、審査結果の公表日は期限一杯となる「2018年9月30日」とする。

ETFは元来アメリカの連邦証券法に入っていなかったため、個別に免除申請する必要があり、ビットコインETFの申請日である「7月2日」から起算して、最大240日(2019年2月頃)まで可否判断を延長する事が可能だということになる。

また、必ずしも12月27日までに審査可否が判明するものではなく、期日前に延期や認可判断が下される可能性もあるため、相場の乱高下に備えたポジション調整が推奨される。

CoinPostの関連記事

ビットコインETFの実現が2019年に持ち越される2つの理由|CNBC投資番組
SECは23日、計9つのビットコインETFを申請不許可としたが、その後再審査を発表した。これに対し、米投資会社BKCMの代表Kelly氏は、仮想通貨市場の不完全な監視、未熟な先物市場という2つの理由から、ビットコインETFの実現は早くても2019年2月ではないかと予想している。
ビットコインETFの可否判断は、最大240日(2019年2月頃)まで延長する可能性:暴落の原因を探る
ビットコインは8日、日本時間早朝4時過ぎに79万円から73万円まで価格が急落、期待感の募っていたCboeのビットコインETFに関するSECの公式文書が発表されたことが、投資家心理に作用し、相場の下落に繋がった。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加