CoinPostで今最も読まれています

FTX Japanなど4事業の売却承認 裁判所判断で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

FTX Japanなど入札へ

米デラウェア州の破産裁判所は13日、暗号資産(仮想通貨)取引所FTX傘下の4事業について、売却を承認した。日本の取引所FTX Japanも含まれる。

売却が許可されたのは、FTX Japan、FTX Europe、および先物・オプション取引所LedgerX、株式取引プラットフォームEmbedだ。

日本事業について、裁判書類には「FTX Japan Holdings 株式会社は、その完全子会社であるFTX Japan、およびQuoineの持株会社」であり「Quoine」はシンガポールでライセンス申請中の取引所「FTX Singapore」を運営していると記述されている。

FTXは、これらの事業について入札を募っており、FTX Japan Holdingsの持分の100%を売却するか、FTX Japan Holdingsが保有するFTX JapanまたはFTX Singaporeの持分の100%を個別に売却する可能性がある。

FTXとは

サム・バンクマン=フリード(SBF)氏が率いていた仮想通貨取引所。2019年の創設後、急速に頭角を表し、業界最大手バイナンスに次ぐ大手取引所へと成長していた。その後に経営破綻し、11月に米国で破産申請を行なっている。

▶️仮想通貨用語集

現在の予定としては、Embedが2月21日、LedgerXが3月7日、FTX JapanとFTX Europeが3月21日に入札される見込みだ。一方でFTXは、顧問と相談の上、予定していた入札を中止して、これ以外の期日でオークションを開催することもできるとされる。

8日に提出されていた、売却を求める申し立て書類によると、すでに約117の組織が、FTX事業を買収する可能性について関心を示しているところだ。内訳としてはFTX Japanについて41社、FTX Europeに40社、Embedに約50社、Ledger Xに56社が興味を示したという。

FTXは、そのうち59の組織と秘密保持契約を締結した。これにより買収を検討している組織は、事業の運営に関する情報にアクセスして、買収する上でのリスクなどを精査することができる。

FTX破産手続きに関する11日の公聴会では、破産申請にあたってFTXと契約している投資銀行Perella Weinbergのケビン・コフスキー氏が、「FTXから比較的独立しており、後で売却されると価値を失う可能性がある」LedgerX、Embed、FTX Japan、FTX Europeの売却が優先されていると説明していたところだ。

なお、FTX Japanは12月末、現在出金停止中となっている顧客資産について、2023年2月中旬を目処に出金再開予定だと発表していた。

関連FTX Japan、来年2月中旬を目途に顧客資産返還へ

資産の回収状況

11日の公聴会では、FTXの弁護士が、約6,600億円(約50億ドル)のFTX資産を回収したと発表したところだ。資産は、現金、流動性の高い仮想通貨と投資証券から成るとしている。

FTXの暫定CEOジョン・J・レイ氏は以前、少なくとも1兆円(80億ドル)の顧客資産が行方不明になっていると指摘していた。約6,600億円が確保されたことは事態改善へ向けた一歩と考えられる。

関連FTX、6,600億円の資産を確保

サム氏は刑事で無罪を主張

FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOは、8つの刑事告発について無罪を主張している。サム氏は詐欺、マネロン、違法な選挙資金提供などの容疑で起訴されているが、こうした意図があったのかについては、10月に開始する公判で明確にされることになる。

関連FTXサム前CEO、罪状認否で無罪を主張

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/01 木曜日
07:40
バイナンス、欧州で12のプライバシー関連銘柄を上場廃止へ
バイナンスは5月31日、欧州市場でプライバシー関連銘柄の取引提供を中止する予定を発表した。
07:10
バイナンス、人員削減の報道を否定
仮想通貨取引所バイナンスは、従業員の解雇を実施したことが報じられた。人員の20%を削減したとの報道もあるが、同社CEOのCZ氏は「解雇に関する報道は悪い噂(FUD)である」と説明している。
05/31 水曜日
17:22
改正資金決済法施行で国内ステーブルコイン発行可能に
改正資金決済法施行により、法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になることへの関心が急上昇している。海外発行のステーブルコインについては、発行者ではなく流通業者が資産を保全するよう義務付けられる。
16:59
仮想通貨取引所SBI VCトレード、エックスディーシー(XDC)を国内初上場
SBIグループにて暗号資産(仮想通貨)交換業を運営するSBI VCトレード株式会社は31日、国内初となる「エックスディーシー(XDC)」の取扱い開始を発表した。
14:00
イーサリアムからビットコインへのNFT移行を実現する「BRC-721E」が誕生
イーサリアム上で流通するNFTを、ビットコイン・ブロックチェーン上に移行可能にする新トークン規格「BRC-721E」がローンチされた。トークンブリッジプロトコル「Bridge any NFT to Ordinals」も同時に提供されている。
13:17
米デジタル商工会議所、テキサス州の反ビットコイン的なエネルギー法案成立を阻止
米デジタル商工会議所はテキサス州議会に提出された「反ビットコインマイニング法案」が法制化に至らなかったと発表した。マイニング企業の収益に大きな影響を与える「電力クレジット」の取得制限に関連する法案は成立しなかった。
13:12
ビットコインの採掘難易度、過去最高値更新へ
翌年に「半減期」を控えるビットコインマイニングの採掘難易度が過去最高値を更新する見込み。Ordinals プロトコルおよびBRC-20トークン需要やAI(人工知能)流行に伴う半導体企業の成長などを受け、マイナー間の争奪戦が激化している。
12:00
バイナンス、一部顧客の担保資金を銀行に預ける仕組みを検討か=報道
大手仮想通貨取引所バイナンスは、機関顧客の一部が取引担保を銀行に保管する仕組みを検討していると伝えられる。カウンターパーティリスクの軽減が目的の一つとみられる。
11:45
OPとSUIのトークンアンロックにより、流通量が急増する見込み
イーサリアムのL2ソリューションOptimismと、高速L1ブロックチェーンSui Networkは、トークンアンロックを迎える。この結果、OPとSUIの流通トークン数が大幅に増加することになる。
10:35
ANAグループ、NFTマーケットプレイス立ち上げ メタバースも準備
ANAグループは、エアライングループとしては世界初のNFTマーケットプレイスを立ち上げた。旅をモチーフとするメタバース「ANA GranWhale」の準備も進めているところだ。
09:40
自民党、新たな提言を承認しWeb3を推進へ
自民党は、新しい資本主義実行本部の提言を承認し、成長戦略にした。この提言にはWeb3の推進が含まれ、暗号資産やトークンについても言及している。
08:25
テザー社、ウルグアイでBTC採掘を推進へ
テザー社は、ウルグアイでリソースを投資しエネルギー生産と持続可能なビットコインマイニングに取り組むと発表。再生エネルギー大国として知られる同国で、エネルギーのイノベーションと仮想通貨の未来に注力する。
08:05
AI・仮想通貨マイニング関連株高騰|31日
本日のNYダウは−50.5ドルと小幅に下落。ナスダックは+41.7ドルで取引を終えた。米債務上限の交渉について先週末バイデン大統領とマッカーシー下院議長の間で合意したことが市場に好感された。
05/30 火曜日
15:15
bitFlyer、トラベルルール導入に伴う対応内容を発表
国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerは、「トラベルルール」の導入に伴う対応策を公表した。MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットは今後も利用が可能だが、国内で送金や預入が可能な暗号資産交換業者としては、Coincheckだけという状況が生じる格好だ。
15:07
群馬県沼田市、歴史文化保全のためNFTアート返礼品の「ふるさと納税」受付開始
群馬県沼田市は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営するトラストバンクやCoinBestと提携し、「ガバメントクラウドファンディング」を利用したNFTを返礼品とする寄付金の受付を開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア