SIMカードを使用しビットコインを盗んだ青年、高級車を数台購入|1.1億円相当のBTCがウォレットから発見される

カリフォルニア州の法執行機関は、電話番号を乗っ取り、仮想通貨を盗んだと告発されている別のハッカーを逮捕した。

Motherboardの報告によると、19歳のXzavyer Narvaez氏は、コンピュータ犯罪、身元詐欺、盗難で計7件の罪で訴えられている。

報告書によると、Narvaez氏は、ビットコインで買った2018年型のマクラーレンと、DMVの記録を通じ、2012年型のAudi R8を購入していたことが発覚した。

警察はビットコイン決済サービスのBitPayと仮想通貨取引所のBittrexから彼の記録を入手したという。

その中には156 BTC (約1億1000万円相当)が発見された。

CoinPostの関連記事

仮想通貨窃盗被害で、米最大手電話会社AT&Tに数十億ドルの訴訟
アメリカに拠点を置く仮想通貨投資家であり、起業家のMichael Terpin氏は、同社の過失によりデジタル資産窃盗の被害を受けたと主張。 69ページに及ぶ告訴状をロサンゼルスの連邦地方裁判所に提出した。
カリフォルニア連邦裁判所:ハッカーに仮想通貨で約8300万円の保釈金を支払うように命令
25歳のハッカーは、"ビットコインやその他の仮想通貨"で約75万ドル(約8300万円)の保釈金を支払うよう要求されたという。裁判所は、支払いの目的は現金を確保する事ではなく、ハッカーを裁判所に出廷させるため仮想通貨で支払うことを許可した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用