中国政府:北京の次は中国第三の都市「広州」でも仮想通貨イベントの開催を全面禁止

香港の大手ニュースメディア南華早報によれば、1984年に設立された広州における「経済技術開発区」は8月24日、金融システムのセキュリティと安定性を保つため、仮想通貨を宣伝する関連イベントの開催を禁止すると告示したと報じた。

先週には、コインポストでも、中国首都北京市の地元政府機関が「仮想通貨に関する宣伝イベントを禁止する通知」を公示し、すべてのオフィス建物、ホテル及びショッピングモールにおける仮想通貨関連イベントを行うことを全て禁じたとする記事を掲載していた。

このように、中国で仮想通貨宣伝イベントが相次いで禁止されることは、中国政府が昨年9月に発令した『仮想通貨全面禁止令』の流れを汲んでおり、特に規制されていない一部ICO市場は、政策強制対象とされている。

先週報道された中国政府による124社の海外取引所へのアクセスブロックと、WeChat上の仮想通貨取引及びICO関連のアカウント・ホームページに対する永久封鎖も加え、今後更なる強制手段が講じられる可能性がある。

また、米中貿易摩擦に終結の兆しが見られず、人民元を買い支える動きが観測される中、中国当局は資本の外部流出を懸念しており、仮想通貨、及びICOの取り締まり強化を実施している可能性も考えられる。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】中国仮想通貨禁止政策に、国内最大手検索エンジン「バイドゥ」も協力|フォーラム内での仮想通貨に関連する投稿を禁止へ
中国の最大手検索エンジン、バイドゥが仮想通貨、ブロックチェーンや電子資産などのフォーラムを一切禁止する事を発表した。中国では他にもWechatやAlibabaが仮想通貨に対する対応を厳しくしている傾向が見受けられる。
中国仮想通貨大手メディア、WeChat上でのアカウントを停止相次ぐ
Tencentが所有するメッセンジャーアプリWeChatで中国のブロックチェーンと仮想通貨のメディアアカウントが突然禁止された。中国に拠点を置く金融報道機関のLanjinerによって発見され、今回影響を受けている企業の中には、Node CapitalによってサポートされているJinseや複数のトークンファンドによってサポートされているメディアサイトDeepChainが含まれる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら