CoinPostで今最も読まれています

勢いが止まらない仮想通貨取引所バイナンス:4%のスタッフ数でNASDAQと同等レベルの利益を記録

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨取引所BinanceがNASDAQの96%の利益を記録
ベンチャーファンド企業DHVCによると、第一四半期の利益で、取引高世界一を誇るバイナンス(Binance)は世界的な証券取引所Nasdaqの25分の1のスタッフ数で肩を並べた。

4%のスタッフ数で2億ドルの利益

ベンチャーファンド企業DHVCの社長Dovey Wan氏の公式ツイッターによれば、取引所Binanceは今年の第一四半期でNasdaqによる2億9百万ドルに対し、2億ドルの利益を出したと掲載されています。

Nasdaqの4500名のスタッフに対し、Binanceはその4%、約200名のスタッフだけで、Nasdaqの約96%の利益を達成することが出来ました。

また、Binanceコミュニティ内で同じ期間内で、BinanceはDeutsche銀行のスタッフの0.2%で、その利益を約5千万ドル上回ったとされていますが、Wan氏は、「もし取引所VS銀行という対決が不公平だとしたら、Nasdaqとの比較は納得だろう」と指摘しました。

フォロワーの一人は、「Nasdaqと比較するのも100%公平なわけではないが。。。45年後のBinanceが楽しみだ」と言い、Wan氏は、法的規制のコンプライアンスに相違点はあると認め、Binanceのビジネス戦略を注視しているようです。

更に、Binanceの代表を務めるCZ氏は、「戦略を練るのは単純だが、どのように実行するのが最も大事なところ」と、軽快にコメントしました。

批判が止まないバイナンス

取引所ランキングの王者の座に座っているとは言え、Binanceは今まで、様々な批判を受けてきました。

今月波紋を呼んでいたBinanceに上場するには400BTCの料金がかかるという噂に対して、代表のCZ氏は以下のツイートを投稿しました。

「我々は、400BTCか、4000BTCを支払われるとしても草コインは上場させない。しかも、ETHやXRPやその他多くの通貨は無料で上場した。」と、疑いをツイッター上で否定しました。

また上場申し込み書の内容から、必ずしも無料で上場させるわけではなさそうですが、上場するためにはプロジェクトに専念すべきと上場の秘訣を明かしました。

さらに、今月ブロックチェーンデータ研究者グループBTIが34の取引所の取引高を厳密に調査した結果、以前から言われていたBinanceにおける日々の出来高偽装疑惑は払拭され、堂々と世界一取引量を持ち、信頼が置ける取引所とされています。

業務拡大も世界中に展開

2週間前、Binanceは、中央ヨーロッパに位置するリヒテンシュタインの仮想通貨取引所の「LCX(Liechtenstein Cryptoassets Exchange)」と提携を発表しました。

Binance LCXは、初めにスイスフラン(CHF)とユーロ(EUR)の間で仮想通貨取引を提供し、規制当局の認可を取得した後、ペアを増やしていく予定ということです。

また30日、Binanceを含む世界最大の仮想通貨取引所4社も投資を行った、eコマース(オンライン商業取引)ベースの新たなステーブルコイン「Terra」が発表されました。

この出資について、Binance Labsの責任者を務めるElla Zhang氏は、

過去に様々なステーブルコインが作られたが、Terraの場合は、TMON社が持つ「消費者向け戦略」に基づいて、独自の『価格安定プロトコル』を構築しようとしていることが既存のステーブルコインに差を付けているポイントである。

と言及しました。

良くも悪くも注目を集める大手仮想通貨取引所のBinance。

今後もどのように仮想通貨業界をリードしていくのか注目すべきと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

価格変動しない仮想通貨にバイナンスやフォビが出資|保有者への手数料還元も
Binance(バイナンス)を含む世界最大の仮想通貨取引所4社も投資を行う、新しいeコマース(オンライン商業取引)ベースの新たなステーブルコイン「Terra」が発表されました。
仮想通貨取引所バイナンス:ヨーロッパに法定通貨建ての新取引所「Binance LCX」を設立
業界最大手の取引所バイナンスは、中央ヨーロッパに位置するリヒテンシュタイン公国で、法定通貨建ての新取引所「Binance LCX」を設立すると発表した。仮想通貨を欧州で普及させるための足掛かりとなる可能性がある。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/09 木曜日
12:55
ドバイの規制当局 匿名性の高い通貨禁止に
アラブ首長国連邦ドバイの仮想通貨規制局は、ビットコインなど仮想通貨関連の規制ガイドラインを発表。匿名通貨を禁止することを盛り込んでいる。
12:44
富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表
IT大手の富士通は、Web3サービスの企画や実証実験などを目的としたプラットフォーム「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表した。日本国内で2023年3月から、グローバルには2023年度以降に無償提供を開始する。
12:35
ビットコイン22500ドルまで下落、ASTRやGARIは一時高騰
FRB高官発言や地政学リスクで軟調な米株指数に伴いビットコインが続落した。個別銘柄では、日本発のAstar(ASTR)が一時前日比40%高と急騰した。韓国大手取引所Upbitへの上場が発表された。
11:50
米クラーケン、未登録証券提供でSECが捜査=報道
米大手仮想通貨取引所クラーケンが、米国の顧客に対し未登録の証券を販売した可能性があるとして、米証券取引委員会による捜査が進行中であると、ブルームバーグが報じた。
10:55
米コインベースCEO、仮想通貨ステーキング禁止の噂に警戒
コインベースのブライアン・アームストロングCEOは8日「米証券取引委員会がステーキングを禁止しようとしている」との噂について投稿。3月のイーサリアムShanghaiアップグレードの前に不穏な空気になりうるか。
10:30
米ロビンフッド、仮想通貨取引収益が24%減 4Q決算発表
米投資アプリのロビンフッドは8日、2022年第4四半期(10~12月)の決算報告を発表。仮想通貨取引による収益は、前四半期と比較して24%減少した。
09:25
FTX、内部関係者を証人として召喚へ
破綻した仮想通貨取引所FTXは、サム・バンクマン=フリード前CEOらの内部関係者を証人として召喚できる認可を裁判所から得た。同社に関する重要情報を提供するよう要請することが目的である。
08:05
バイナンスら結成の業界連合、多くの企業が参加表明
バイナンスは、仮想通貨業界の信頼を回復するため、企業連合の結成に取り組んでいる。取引所やブロックチェーン分析企業など、すでに多くの企業が参加を表明しているという。
07:25
ナスダック反落 FOMC委員発言の影響などで|9日
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。グーグルの親会社アルファベットの下げが目立った。消費者向けAI分野での競争にはマイクロソフトやグーグルの他、アリババなども参戦してきた。
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧