CoinPostで今最も読まれています

無許可で仮想通貨マイニング行うマルウェアや詐欺が流行|自分のデバイスを守る方法を探る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

スマホ携帯でマイニング?新手のハッキング被害を疑うべき

スマートフォンや携帯が理由もなく遅くなったり、過熱したり、バッテリーが急速に減る場合、クリプトジャッキングの被害に遭っている可能性がある。

クリプトジャッキングとは
悪質な方法で他人のコンピューターやスマホ等にコードを埋め込み、利用者の許可なしにマイニングを行い、仮想通貨を得ることを目的としたハッキングの一種。攻撃でコンピューターの出力を一部奪われる為、弊害としてデバイスの加熱、電池の消耗が激しくなる、動作が遅くなる等が挙げられる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ESETインターネットセキュリティの専門家によると、携帯の過熱、バッテリーの激しい消耗、回線スピードの低下などがある場合、自分のデバイスが他者のマイニングに利用されている可能性があります。

携帯でのマイニングはバッテリーへの負荷が強く、過熱によって本体に損傷を与える可能性があり、最悪、修理不可能になる場合もあります

上記の症状を見せるような事が起きた場合、クリプトジャッキングの可能性を検討するべきだと専門家は言います。

仮想通貨のマイニングはパソコンを使い暗号化されている取引を承認、記録するブロックチェーン取引に必要なプロセスの一つで、安全を確保する為に最初に暗号式を解けた場合、報酬として仮想通貨がもらえます。

また仮想通貨マイニングはデータの分散化、権利の非中央集権化を促進し、証明する利点もあります。

しかしその反面、暗号化されている取引内容は非常に複雑な為、マイニングには膨大な計算能力が必要で、そのようなハイスペック機器は電気代を多く消費するというデメリットがあります。

そこで高額なコストを免れようとするサイバー犯罪者はスマートフォンなどのデバイスに眼をつけました。

確かに、スマホ1台では仮想通貨のマイニングを実行する計算能力はありませんが、複数のスマホ携帯を同時に利用することで高いコストパフォーマンスを維持しつつ、マイニングが可能である事が明らかになってしまったのです。

We Live Securityによると、グーグルプレイでダウンロードができるBug Smashing Gameというアプリにも無断でマイニング機能が搭載されており、2018年1月にこのアプリは廃止されました。

このようなユーザーの知らぬ間に無許可で行われる「クリプトジャッキング」と言う、一見無害そうなアプリをダウンロードさせ、無許可でマイニングを行うマルウェアをデバイスに侵入させる詐欺が増えている傾向にあるとESETの専門家は指摘しています。

アップルとグーグル両社の違い

グーグルはアップルと違い、OS上での仮想通貨マイニングプログラムを当初は禁止していませんでした。

グーグル Chromeでは拡張機能を搭載することでマイニングが可能でしたが、7月にグーグル社はウェブサイト上でのマイニングを禁止していく方針を発表しました。

対象的に、アップルはIOS上でのマイニングを当初から禁止しており、最近ではCoinbase社のウォレットアプリで代替不可能なトークンの保有を禁止する事を報告。

しかしグーグルのマイニングソフトウェア禁止から1ヶ月経った今でもグーグルプレイで公開されているアプリや拡張機能で未だマイニングが行われている現状もあります。

デバイスをどう守れば良いのか?

専門家によれば、どのアプリにマルウェアが潜んでいるか判断するのは難しいものの、被害を防止する方法はいくつかあるとのこと。

  • 使用しているOSを常に最新のバージョンにアップデートをする
  • アプリのダウンロードは公式プラットフォームからする
  • ソースが不明なアプリのダウンロードを避ける
  • ユーザーの評価をチェックし、アプリが正当であることを確認してからダウンロードする
  • 必要以上はアプリに許可を与えない

その他にも、使っているOS対応のウイルス対策ソフトウェアを使うなどの対処ができます。

仮想通貨のマイニングは分散化を保証し、権力の偏りを防ぐ仕組みとしてマイニングは評価されるものの、電力の消費問題やハッキング問題、又マイニングファームの一般化により中央集権化が得られない、等課題は多々残ります。

今後どのようにマイニングがさらに効率化しつつ、安全にされるか引き続き注目する必要がありそうです。

If your mobile phone is running slowly or always losing battery, it might have been hacked to mine cryptocurrency – here’s how to protect yourself

September 2018 by Ana Zarzalejos

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧