仮想通貨暴落劇にインサイダー疑惑も:AIがビットコイン市場心理の『異常』を検知

AIがビットコイン市場心理の『異常』を検知か
上昇傾向にあったビットコイン価格が突如大暴落し、仮想通貨市場で投資家の混乱を招いている。下落を示唆する”予兆”がなかったか、データサイエンティストと市場アナリストチームの合同リサーチで浮かび上がった異常な動きとは。
センチメント分析とは
市場参加者のマーケットに対する強気や弱気などの市場心理を調査して、それを元に行なう相場の分析のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

本日未明、米金融機関ゴールドマン・サックスが「仮想通貨の取引デスク開設を延期する」と発表したネガティブニュースが広まり、相場の急落に大きな影響を及ぼしました。

つい先日まで、投資家感情が全体的にポジティブであった最中、市場アナリストは、正体不明のクジラが10,000BTCのショートポジションを取った事を観測していました。

そしてショートポジションが取られた僅か数日後、ネガティブなニュースが続出したのです。トップアナリストは、なぜ1万BTC(約80億円)ものショートポジションをこうも早く取れるのか、疑問を呈していました。

ゴールドマン・サックスの情報を事前に察知した市場関係者が、1万BTCのショートポジションを取り、約2日の間隔を置いた後、「ゴールドマン・サックスが仮想通貨から手を引く」との発表した可能性があると邪推する人々もいます。

これは、ただの推測に過ぎませんが、新しいAIテクノロジーが仮想通貨市場を注意深く見張っており、意図的な市場操作を示唆する証拠が浮上しているため、議論の余地があるのです。

仮想通貨市場暴落の経緯

昨晩、「ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン」を筆頭とした仮想通貨が急落した際、トレーダーは異例な動きの背景を探っていました。

そんな中、ゴールドマン・サックスが、期待されていた「仮想通貨取引デスク」の開発を中断すると発表したことが判明したため、インサイダー取引の疑惑や、機関投資家が相場操縦を行い、安く買い叩こうとしているのでは?とする憶測が、コメント欄に殺到しました。

売りシグナルは出ていたのか

AIベースの仮想通貨シグナルプラットフォームである、RoninAIのデータサイエンティストと市場アナリストチームは、下落を示唆する兆候(売りシグナル)が事前に起きていたか、状況を詳しく調べました。

その結果、いくつかの指標で下落直前に異常な動きが見られており、その内1つは、実際の下落が起こる数分前に散発的に増加したセンチメント分析の数値でした。

その後3日間、似たような散発的なセンチメントの不可解な増加がしばしば発生しており、その都度AIアルゴリズムが反応していたことが見られます。

このチャートは、市場の強気や弱気よりも、本来は存在すべきでない人為的な動きが突然起きた事を示しています。

下落前の最後の数時間を見てみると、平均値から標準偏差3を超える(統計学的に起こる確率が0.3%以下)センチメントの急上昇がはっきり見て取れます。

通常、このような急増は、自然発生しないと過去のデータが示しています。

こういった標準偏差の急激な動きは約0.3%のケースでのみ発生しない為、RoninAIチームは予想される市場影響を分析するため、その度に詳細を調べています。

今朝の仮想通貨市場における下落でも、その約10〜15分前に標準偏差3を超す異常な動きが起きていた為、市場操作の疑惑がさらに深まっています。

このような不自然な急上昇が下落の直前に起きた事は、強い兆候であると言えるでしょう。

データサイエンティストは、この下落が市場操作またはインサイダー取引によるものと強く信じてはいるものの、明白な理由をつけて決定的な答えを出すことは控えています。

それでも、10,000BTCをショートポジションで持つトレーダーは、どこかのタイミングで買い戻さねばなりません。

買戻しによる価格上昇が望めるということは、強気筋にとって悪くないニュースと言えるでしょう。

ただし、彼らがいつショートポジションを閉じて買い戻すのかは、定かではありません。

This AI Tracked Unusual Market Behavior Before Today’s Big Crypto Drop

September 6th, 2018

参考記事はこちらから

CoinPostの関連記事

仮想通貨暴落の要因:ゴールドマンサックスによる計画変更の詳細とは
均衡を保っていたビットコイン価格が暴落した。これには仮想通貨取引デスクを設立すると考えられていたゴールドマンサックスが、仮想通貨市場の規制の不透明さなどの理由により、取引デスクの設立計画を一時白紙に戻したことが大きく関わっている可能性がある。
ゴールドマン・サックスが12年ぶりに新CEOの誕生へ|仮想通貨事業に好意的な発言も
ゴールドマン・サックスを牽引してきたLloyd Blankfein氏が12年の役目に幕を降ろす。後任のDavid Solomon氏は、仮想通貨に肯定的で、優れた経営手腕を発揮してきただけなく、プライベートではDJ「D-Sol」として活躍する異色の存在として知られる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら