ビットコインETF肯定派の米SECコミッショナー『もっと自由に投資させるべき』

SECの一員が米国の原則に則り、選択の自由を優先されるべきだと主張
CNBCクリプトトレーダーが主催したインタビューでは、米国証券取引委員会(SEC)のHester Peirceコミッショナーが「ビットコインETF」に関するSECの決断に異議を立て、投資家にもっと自由に投資をさせるべきだと批判した。
適格投資家とは
米国証券取引委員会に(SEC)によって非公開企業やヘッジファンドの未登録証券に投資する事を認められた個人または法人のことを指す。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ビットコインETF実現がもたらす真の価値

CNBCクリプトトレーダーが主催したインタビューにて、米国証券取引委員会(SEC)のキーパーソンの一人であるHester Peirceコミッショナーが、「アメリカの重要な原則、すなわち”選択の自由”を優先させるべきだ」と主張しました。

SECは近日、いくつかのビットコインETFの提案を審議し、その全てを拒否、もしくは保留とし、これらの決断は、投資家への安全配慮を考慮した結果だと述べています。

そんな中、Peirce氏は、SECのWinklevoss ビットコインETF提案の決断に異議を申し立てました。

SECの役割は、投資家を保護して資本形成を促進し、公平で秩序があり、効率の良い市場を助長することであって、決してイノベーションの門番ではない。

と批判しました。

米規制者のVanEck/Solid「ビットコインETF」提案の最終決断(9/30)の約1週間前、Peirce氏は投資家に影響を与える規制上の決定に対して、どのようにアプローチするかを語っています。

選択の自由を行使し、自分自身で決断することに本当の価値がある。

選択の自由こそ米国の原則であり、人々が自分が最も懸命だと思う生き方を選び、実行することで成り立っている。

規制者として全ての投資家にとって何が最善なのか把握するのは、とても困難なことだ。

Peirce氏は、金銭的決断をするときは、事前にできるだけリサーチを行い、専門家に多くの質問をするべきだと考えています。

私は、人々の決断力を信じている。

それが仮想通貨だろうと、地元の小さな小売店への投資だろうと変わらない。

自分の金銭を誰もが自由に使用することは、基本的権利だと思っている。

Peirce氏は、SECが適格投資家法を廃止し、投資家がより民間企業に投資しやすい環境を作るべきだと主張しました。

適格投資家法は、多くの人々が特定の市場に投資することを防止する役割を果たしているが、私はこの法は必要ないと思っている。

投資家にもっと幅広く投資させるべきだ。

しかし、。今後も何かしらの適格投資家法は行使され続けるだろう。

SECは、1年内にビットコインETF提案を二つ拒否しています。

仮にETFが承認された場合、初の仮想通貨ETF誕生になり、ビットコインを直接取引することを制限されているミューチュアル・ファンドや機関投資家への扉が開くことを意味します。

SEC Commissioner Hester Peirce Calls Out ‘Real Value’ in Run-up to VanEck Bitcoin ETF Decision

9/10/2018 DAILY HODL Staff

参考記事はこちらから

CoinPostの関連記事

SECのルールから推測される、ビットコインETF再審査の意味とは
日本時間24日、米国証券取引委員会(SEC)から、日本時間23日に非承認した9つのビットコインETFを再審査(レビュー)する発表が出された。この再審査はどれほど変化をもたらすのか?SECのルールと過去の事例から考察
SECが「ビットコインETF」申請を異例の再審査、仮想通貨市場は認可の可能性に注視
米国証券取引委員会(SEC)は、昨日否決したビットコインETFについて、異例の再審査(レビュー)を行う旨を公表した。決定が覆る可能性があるのかどうか、仮想通貨市場から大きな注目を浴びている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら