機関投資家向け仮想通貨カストディサービス、米公式機関から初の認可|ビットコインやリップルを含む75種類に対応へ

米国で公認の仮想通貨カストディサービス誕生
9月13日に世界有数の仮想通貨関連セキュリティ会社BitGoが、サウスダコタ州の銀行部から公式なカストディアンとしての認可を受けたことが明らかになった。BitGo Trustは、今後機関投資家に向け、75種類以上の仮想通貨、トークンに対応し、365日24時間体制でのサポートを備えたカストディサービスを提供すると記述された。
カストディとは
証券投資を行なう投資家の代理人として、有価証券の保管や売買に係る決済、あるいは元利金・配当金の受領や議決権行使などの幅広い業務を提供するサービスの総称のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

米国で公認の仮想通貨カストディサービス誕生

米時間9月13日に、世界有数の仮想通貨関連セキュリティ会社BitGoが、サウスダコタ州の銀行部(Division of Banking)から公式な管理機関(カストディアン)としての承認を受けたことが明らかになり、今後機関投資家に向け、BitGo Trustを通して、認可された仮想通貨管理(カストディ)サービスを提供していくことが発表されました。

仮想通貨関連会社BitGoは、2013年に業界でも先駆的であったマルチシグホットウォレットの提供を開始し、そのマルチシグ技術は、LINEの提供する仮想通貨取引所BITBOXでも利用され仮想通貨取引所の中で、信頼を着々と高めてきました。

BitGoは、仮想通貨カストディサービスに長い間、関心を寄せており、2018年1月には、当時120億ドル(約1.3兆円)のデジタル資産を管理していたKingdom Trust Companyの買収を試みましたが、その買収の話は流れてしまい、結果的にBitGoは、今年5月に独自の管理機関BitGo Trustを設立することになっています。

同社CEOを務めるMike Belshe氏は、今回のプレスリリースにて以下のようにコメントしました。

仮想通貨市場インフラの充実において管理(カストディ)は最後のピースなのだ。そして、そのギャップこそが機関投資家を市場から遠ざけていた

既存の管理機関(カストディアン)は、仮想通貨の扱いに長けていなく、仮想通貨取引所でカストディサービスを提供する際は、利害の衝突が起き、規制的懸念も残る。

BitGo Trust Companyは認可されているため、高い基準でセキュリティと規制コンプライアンスに適応した唯一のカストディサービスとなるのだ

さらに、プレスリリースにおいて、BitGo Trustが提供するカストディサービスは、以下のような特徴を持つことが明らかになりました。

  • 銀行基準クラスIIIの金庫を使用した100%のコールドストレージ
  • 75種類以上の仮想通貨、トークンに対応
  • 機関基準のポリシー制御
  • 複数ユーザー対応の口座
  • 迅速な手続き
  • 365日24時間体制でのサポート

しかし、サウスダコタ州の規制により、そのカストディサービスの実際の開始は30日後を予定されています。

機関投資家からの関心と現状

TABB Groupのフィンテック部門でシニアアナリストを務めるMonica Summerville氏(以下、Summerville氏)は、機関投資家がカストディサービスに非常に関心を寄せていると語る一方で、現時点では機関投資家自身で管理する以外に適切な解決策が見つかっていないと言及していました。

そして、Summerville氏と業務上の繋がりがある、あるファミリーオフィスでは、ハッキングを回避するため、顧客の仮想通貨がUSBのような小さな端末に保存され、ファンドマネージャーなどによって、バインダーに保管されているのが現状であると記述されました。

この現状を受け、BitGoの最高法務および、コンプライアンス責任者を務めるShahla Ali氏(以下、Ali氏)は、今回の発表で以下のように言及しました。

私達は、カストディサービスが充実していないために、仮想通貨業界への参入を果たせていない非常に多くの市場関係者を見てきた。そして、大規模のファミリーオフィスでも、自身で資産を管理している中、懸念することのない安心できる解決策が求められていることを目の当たりにしたのだ。

私達は、このプラットフォームを通して、規制機関や顧客に、このサービスが、資産を守るための適切な解決策となることを証明したい。

さらに、BitGoだけでなく、仮想通貨取引所Coinbaseや、Gemniも機関投資家へのカストディサービスの提供を開始しており、金融大手のゴールドマンサックスやNorthern Trust、野村HDもカストディサービスに向けて取り組みを開始していることから、今後の機関投資家の参入も期待されています。

CNBC番組にも出演

仮想通貨セキュリティ専門企業BitGoのCEOを務めるMike Belshe氏は、CNBCの経済番組FastMoneyに出演し、本日サウスダコタ州の銀行監督部から機関投資家向けのカストディ(デジタルアセット保管)サービスを提供する信託会社の許可を取得したことやカストディサービスに繋がるウォール街勢力による参入について語りました。

まず、Belshe氏は、

「仮想通貨市場が大きく成長するにつれ、伝統金融業界は近年、少しずつこの業界に関わり始めている」

と述べました。

そして、Belsheは、自社のような政府認定のカストディサービス提供業者は機関投資家の参入を招致しやすくなり、仮に2年前にこのようなセキュリティ面の解決方法が出来ていれば、仮想通貨市場の規模は現在より拡大していたはずだと、カストディの重要性を強調しました。

さらに、ゲストのBrian Kelly氏は、数時間前にブルームバーグ紙に報じられたMorgan Stanley銀 のBTCスワップ取引の提供計画について、現在、ビットコイン市場には「新たな資金と買い手が必要だ」と、ウォール街の機関投資家による“促進剤”を認めました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

2兆円規模の仮想通貨流入予測も:安心保管のカストディサービスが今望まれる理由
安心・保管の「カストディサービス」導入により、およそ200億ドル(2兆200億円)規模の仮想通貨が同事業に流入することが予想されており、米ウォール・ストリートの大御所3社も仮想資産のカストディサービス展開について検討している。
野村HDが海外2社とデジタル資産向けカストディ(保管・管理)サービス提供を目指す
野村ホールディングス株式会社と Ledger、Global Advisors Holdings Limitedが仮想通貨を含むデジタル資産のカストディサービスの提供に向けて、共同研究を進めることを発表しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加