SBI:リップルDLTベースの支払いアプリ『MoneyTap』を今秋からスマホ向けに展開予定

『MoneyTap』を今秋ローンチ
SBIホールディングスとSBI Ripple Asiaは、米リップル社のxCurrent技術を搭載したスマートフォンのiOSとAndroid用の支払いアプリ『MoneyTap』を今秋リリース。メガバンクを始めとする邦銀61行に提供予定。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

SBIがリップルDLTベースの支払いアプリ『MoneyTap』を今秋ローンチ

SBIホールディングス、及び「SBI Ripple Asia」は、仮想通貨リップル(XRP)の分散型元帳技術を搭載した、スマートフォンのiOSとAndroid用の支払いアプリケーション『MoneyTap』を今秋にリリースする予定。

分散台帳技術(DLT)とは

Distributed Ledger Technologyの略。

ブロックチェーンの機能を派生し、共有台帳という特徴のみを抽出して一般化した概念であり、ブロックチェーンは分散型台帳の一種に区分される。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Money Tapは、分散台帳技術(DLT)を活用し、国内と外国の為替を一元的に扱う次世代金融基盤「RCクラウド2.0」に接続されるもので、野村総合研究所の協力で開発されており、今まで通り銀行口座番号による送金のほか、携帯電話番号に紐づけた送金や、「QR コード」を用いた送金機能も持ち合わせているアプリとなる。

指紋による生体認証と組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンス(UX)とセキュリティの両立を図っている。

口座番号指定のほかに、携帯電話番号を用いた決済も可能
携帯電話番号を指定して振込を実施する場合の送金イメージ
QRコードを読み込んでの送金も可能

このニュースに伴い、SBIリップルアジアの沖田CEOは、Twitter上で以下のように言及した。

今秋、邦銀61行にアプリを提供予定

SBIリップル・アジアは以前、SBIネット住信銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3社が先行商用化として運用を開始しており、夏以降の一般公開を目指していた。

正式ローンチ後に、「内外為替一元化コンソーシアム」に加盟する、三菱東京UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行といった日本を代表するメガバンクを始めとする「邦銀61行」にアプリが提供される予定だ。

このアプリケーションは、顧客が電話番号を使用してQRコードをスキャンし、従来の銀行業務方法によって課せられた時間的制約を排除することにより、「週7日、24時間の国内取引」を可能にする。

また、同じく「Ripple Payment」を発表しているスペイン最大の商業銀行グループ「サンタンデール銀行」でもティザーサイトを公開しており、スペイン、英国、ブラジル、ポーランドの銀行の消費者の間で、国境を越えた外国為替サービスを今年4月に開始している。

参考記事:SBI to Roll Out Ripple DLT-Based Payments App on iOS, Android

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所『SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)』最新情報まとめ|大きく期待できる5つの理由
「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」仮想通貨交換サービス(VCTRADE)が8月から本稼働開始。テレビCMの実施予定、取引所モデルの板取引開始、イーサリアム(ETH)の取り扱い開始など、最新情報をまとめています。【8/1更新】
SBIVC本稼働に向け、仮想通貨市場の将来性を語る|SBI経営近況報告会
SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)が大きな期待を集める中、北尾社長が為替市場の年間取引高18京円と比べ、仮想通貨市場は69兆円に過ぎないと成長性を示唆。Sコイン構想やデジタルアセットを活用した新しい資金調達法「TAO」についても説明した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用