CoinPostで今最も読まれています

中国InVault:「禁止令」をかい潜り、仮想通貨資産管理サービス提供へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

InVault、禁止されている中国での仮想通貨資産管理サービス開始
中国の金融および市場規制当局は最近、国内の仮想通貨に対する弾圧を強化したにも関わらず、上海のInVaultなど中国の仮想通貨企業は、オフショアから中国の投資家にサービスを提供し続けている。

InVault、禁止されている中国での仮想通貨資産管理サービス開始

上海のInVaultは先週、中国本土では禁止されているにも関わらず、仮想通貨管理サービスの提供を同国で開始しました。

これまで時代においては、カストディアン、すなわち管理者は顧客の証券や現金をデジタルでも現物でも保管していました。

仮想通貨の所有・取引の禁止が禁止されている中国においては、組織や機関が仮想通貨ならびに中国本土での正式な登記がなされていない企業に属する資産を保有することも明確に禁じられています。

しかし、InVaultは、この取締りの抜け道を見つけたようです。

同社は、分散型仮想通貨ウォレットとしてサービスの提供を開始し、これによって特定の中央機関が管理に入っていない状態であるとしました。

その代わり、InVaultはユーザーのプライベートキーを安全に保管する管理者となると見られています。

ここではInVaultが権限を付与した者のみが、これらのキーの保管場所にアクセスできるようになります。

こうして、InVaultではすでに最初の大きな取引が記録されました。

InVaultの創業者兼CEOのKenneth Xu氏は、仮想通貨を安全に管理するための唯一の手段は、人間の不在によってしか実現できないと話します。

さらに同氏はこう続けました。

今日でもなお、圧倒的大部分のグローバルな仮想通貨取引所が、顧客のオーダーに応じた仮想通貨の移動の管理に対し、いまだに上層部を巻き込んで当たっている。あなたの仮想通貨へアクセスするプライベートキーを取引所の人間に委ねるというのは、あなたの資金を全て彼らの管理下においているも同然だ。

規制をものともしない中国向け仮想通貨サービス

InVaultのサービスローンチは、非常に緊張の高まっている時期に行われました。

中国の金融市場の規制当局が、仮想通貨取引に関して最近取締りを強化した時期だったからです。

こうした中、規制当局は中国の投資家にもサービスを提供していた国外の124の仮想通貨取引所へのアクセスを禁止し、これによって議論が起こったことは言うまでもなく、さらにはWeChatやAlibabaを含む国内企業に対しそのユーザーが仮想通貨関連の活動に関わっていないかどうか監視し報告するように強いることになりました。

しかし、このような取締りにも関わらず、中国の仮想通貨企業は国内の投資家に向けて仮想通貨サービスを提供しようとし続けています。

本人確認が必要な金融取引機関は、規制当局による取締り強化を弱体化させうるP2Pコマースによって取って代わられてきました。

さらに、一度は撤退した取引所も、今や新たなドメインでサービスを開始しており、規制当局が取締りを加速させられない状況となっています。

香港と台湾で仮想通貨取引所(分散型ではない)を提供するTideBitのCOO Terence Tsang氏は、以下のように述べました。

政府からの最新のお触れと外国企業への監視強化は、主に小規模な取引所がターゲットとなっている。特に外国籍企業を名乗り、中国企業にアウトソーシングしているという体をとって、中国国内でサービスを提供している取引所が、その対象として挙げられます。

China’s Crypto Custody Sector Is Growing despite the Mainland Ban

17 September 2018 By Yashu Gola

参考記事はこちらから
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

中国仮想通貨規制強化も、裏で取引が継続される秘密|ビットコインを支える実情が明らかに
北京当局が決済サービス事業者と連携して、中国投資家に仮想通貨取引サービスを提供する国外124の取引所とのアクセスを遮断する意向が報じられた。だが、取引は主にVPN上のP2P通信で行われていることから、業界関係者の間では、規制はこれまで同様有名無実化するという声が強い。
【速報】中国規制当局、124の海外取引所へのアクセスをブロックへ|仮想通貨規制を大幅強化する方針
本日、中国の金融規制当局の報道窓口とされている「上海証券タイムズ」は、中国の「国家フィンテックリスク対策局」が国内で利用可能となっている海外取引所を124社特定し、それらのIPアドレスを完全に封鎖する予定であると報道した。中国国内で密かに継続していた取引所へのアクセスを完全にブロックする意向だ。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。
07/11 木曜日
14:20
バイデン大統領顧問、仮想通貨業界リーダーらとの円卓会議に参加
共和党が仮想通貨支持の姿勢を強める中、バイデン米大統領のアニータ・ダン上級顧問は、仮想通貨業界のリーダーと民主党議員が意見を交わす場として開催された円卓会議に参加した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧