CoinPostで今最も読まれています

技術分析家「イーサリアムは5年でビットコインを超える」根拠は分散型台帳活用例の拡大

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインとイーサリアム、最後に勝つのはどちらか
イーサリアム自体は根本的に強い通貨で、騒動が収まればトレンドは逆転すると考える人も多い。Thomas Crown Art社のテクノロジーアナリストIan McLeod氏は、ビットコインのマーケットシェア半分をイーサリアムが5年以内に奪うと主張する。
イーサリアムの技術的な強さ
イーサリアムは、プルーフ・オブ・ステークへアルゴリズムを変え、ブロックチェーン上の混雑を緩和しようとしている。McLeod氏は、投資家が仮想通貨に集まるにつれ、この技術格差が価格にも表れてくると述べる。
PoSとは
保有による証明(Proof of Stake)。コインの保有量などによってブロックの承認比率が変わり、新規発行の仮想通貨が貰える仕組みのこと。マイニング(採掘)ではなく、フォージング(鋳造)と呼ばれる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ビットコインとイーサリアム、最後に勝つのはどちらか

イーサリアムはICOプロジェクトによるETH売却の加速や、米SECによる有価証券該当無しの発言が白紙に戻る可能性が指摘されるなど、一時的に大きく価格を下落させています。

一方で、仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏は、 仮想通貨はまだ1000倍の伸びしろがあると言っており、 仮想通貨やブロックチェーン企業へ金融サービスを提供するConsenSys Capitalの共同創業者Andrew Keys氏は、 イーサリアムの価格は今年$2000にまで達すると言及するなど、イーサリアム自体は世界的に支持されている通貨であり、(証券問題やICO問題などの)騒動が収まれば、トレンドは逆転すると考える人も多いようです。

ビットコインとイーサリアム、最後に勝つのはどちらか。

この質問は幾度となく繰り返されますが、 技術者の視点からは、異なるテクノロジーを軸としてデザインされ、 そもそもの利用目標の違いから両者を比べようもないと返されることもあります。

ビットコインは、お金の代替となりえる非中央集権における仮想通貨として仕立てられた一方で、 イーサリアムは、独自に定義したスマートコントラクトや財産を扱う事ができる柔軟性の高い仮想通貨となります。

そうは言っても、王者ビットコインを超える仮想通貨が現れるのか絶えず議論されることであると考えられ、技術的な視点での予測も欲しいところです。

ビットコインのシェア半分をイーサリアムが5年で奪う

Thomas Crown Art社のテクノロジーアナリストであるIan McLeod氏(以下McLeod氏)は、 ビットコインのマーケットシェア半分をイーサリアムが5年以内に奪うと主張しています。

Thomas Crown Art社は、アート業界の不正活動にイーサリアムのブロックチェーン技術で対抗しようとする企業です。

McLeod氏によれば、イーサリアムの価格下落は既に底を打っており、 分散型台帳としての活用が広がるにつれ、イーサリアムの価格は急速に逆転すると言及しています。

McLeod氏は、

「2018年の終わりには価格がリバウンドするだろう。長期的に言えば、ビットコインの支配域を思いきり食うことになると思う。」

「実際、今のビットコインが持つマーケットシェアの半分は、5年以内にイーサリアムに奪われる。」

と強気の立場を示しました。

イーサリアムの苦境を踏まえると、更なる価格下落も考える専門家がいる中で、少し過激な主張のように思われます。

しかし、スマートコントラクトをベースとしたイーサリアムのプラットフォームを自社で実際に使うMcLeod氏は、その有用性を理解した上でイーサリアムがビットコインに勝ると考えているといいます。

同氏が主張する最も重要な点は「分散型台帳:ブロックチェーンの活用事例の普及」です。

仮想通貨は今まで、投機的な側面が強くでていますが、その投機の目的の大きな理由として、「将来性」がまず第一に挙げられるでしょう。

ビットコインのような世界的な通貨、また希少価値を将来性に据えられる通貨ももちろんありますが、イーサリアムをはじめとする多くの仮想通貨は、ブロックチェーン技術を活用したプロダクトが出てくる事で価値を持つ将来性への投資が盛んに行われています。

そのような中で、イーサリアムはプラットフォームとしての有用性が初期の頃から評価され、分散型台帳の発展とともに、そのプラットフォームの有用性が向上すると考えられています。

McLeod氏が考えるイーサリアムの価値の逆転は、この分散型台帳の発展をみた上での価格予想であり、その発展を5年に見据えているようです。

今後は技術格差が価格に反映される

McLeod氏は、イーサリアムがビットコインを抜くとした意見の中に、ビットコインのスケーラビリティや技術面の改善が必要な点も挙げています。

スケーラビリティや技術の問題は、イーサリアムにとっても他人事ではありませんが、McLeod氏は、イーサリアムがプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へアルゴリズムを変更することを挙げ、ブロックチェーン上の混雑を軽減、効率的なプロセスが可能になる点を主張し、以下のように述べました。

「あらゆる面で、イーサリアムはビットコインの数光年は先に行っている。投資家が仮想通貨に集まるにつれ、この技術格差が価格にも表れてくるだろう」

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)、トレンド転換で価格大幅上昇の可能性
イーサリアムクラシック(ETC)は2017年半ばからの価格上昇につづく今年からの価格下落によって、ダイヤモンド型の価格推移を見せており、2011年と同様にトレンドの反転が起こる可能性が十分にあるとされている。
アルトコイン底値割れで大暴落、イーサリアムが売られ過ぎの「RSI30%」を大幅超過|仮想通貨市況
仮想通貨市場は12日、ビットコインが重要ライン6000ドルを目前に迫る中、アルトコインの下落の勢いが止まらず、前日比10%(21時時点)を超える通貨が多く散見される厳しい1日に、イーサリアムはRSIで売られ過ぎの30%を大きくこえ、20%に差し掛かっている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア