CoinPostで今最も読まれています

グッチ、NFTをリリース 老舗オークションハウスのクリスティーズと提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

クリスティーズとNFTオークション開催

高級ファッションブランドのGucci(グッチ)は14日、老舗オークションハウスのクリスティーズと提携して、NFT(非代替性トークン)をリリースすると発表した。

このプロジェクトは「Future Frequency, Explorations in Generative Art and Fashion(未来の周波数、生成アートとファッションの探求)」と題されている。

クリスティーズは、グッチと協力することで、ジェネレイティブ(生成)アートや、それが明日のファッションにどのように活用できるかをめぐる対話が始まると述べた。

コレクションは、21のアートワークから構成されている。人工知能などの生成技術を利用して、グッチのテキスタイルや、1947年に初めて作成された、ハンドル部分が竹の形状をしているバッグ「バンブーハンドル」などグッチのデザインをモチーフにした作品群だ。

また、商品にはデジタルアートワークに加えて、3Dファイルも付属。購入者はこれを3Dプリントしたり、メタバースで表示したり、アバターに合わせてカスタマイズしたりすることができる。

デジタルアートのパターンがプリント・刺繍された、約46メートルの物理的な生地ロールも付いてくる。

販売は、クリスティーズが提供するデジタルアートのオンチェーン・オークション プラットフォーム「Christie’s 3.0」で行われる。また、今回のコレクションのアート作品は、グッチのオンラインギャラリーである「Gucci Art Space」でも展示される見込みだ。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

クリスティーズのデジタルアート販売責任者を務める、セバスチャン・サンチェス氏は、次のようにコメントした。

参加アーティストたちは、衣服、テキスタイル、ファッション業界全体のデザインや制作物から大きなインスピレーションを受けている。

このプロジェクトはテクノロジーに関する先入観をくつがえすことも目的としている。例えば、「様々な分野に渡って人間の創造性を向上させるために、アルゴリズムとデータを使用する方法を考えること」も挙げられる。

注目アーティスト

今回のオークションに出品する注目アーティストには、クレア・シルバー氏、草野絵美氏、エミリー・シー氏、ザック・リーバーマン氏、ウィリアム・メイアン氏、イスクラ・ヴェリチコワ氏、ニコラス・サスーン氏とデジタルファッションハウスDRAUPのコラボレーションなどが名前を連ねている。

例えば、クレア・シルバー氏と草野エミ氏による「Shinjitai」は、高度な数学と古代の絵画やタペストリーの美学をモチーフとするものだ。

草野絵美氏は、日本のアーティストである。小学生の息子が夏休みの自由研究をきっかけに始めた「Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)」というNFTプロジェクトが音楽家ヤング・スキーター氏の目にとまったことをきっかけに高額で取引されたことでも話題を集めた。

グッチは、人気NFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」などの開発スタジオYuga Labsと提携するなど、Web3やメタバース世界での取り組みを加速させているところだ。

関連グッチ、YugaLabsと複数年のパートナーシップ締結

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。
10:02
米仮想通貨業界団体、ハリス米副大統領に3つの要望
米国のデジタル商工会議所は、バイデン氏の後任候補ハリス副大統領に書簡を送付。仮想通貨の支持や育成を呼びかけた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア