スイス:イスラエルの仮想通貨市場整備に外交協力

仮想通貨先進国として知られるスイスの銀行が、イーサリアムをはじめとする複数の仮想通貨をイスラエルで取引できるようになる可能性がある。

スイスの大臣と外交官による先日のイスラエル訪問に関する外交官自身の最新の報告で明らかとなった。

レポートを作成した外交官のJoerg Gasser氏は、新たな規制法案を2019年に議会の承認を経て2020年に施行するために、ブロックチェーンに関するレポートを年末までに提出するとした。

今回明らかになったこととして、イスラエルは自国の仮想通貨の規制をスイスとともに進め、スイス同様仮想通貨先進国となることを目指しているようだが、その詳細は現段階では不明だ。

また、スイスは国が仮想通貨を採用する最初の事例となるとも言われており、この動きはヨーロッパ全土に拡大する可能性があると思われる。

参考記事:Are Swiss Banks Soon Going To Be Allowed To Trade Ethereum, In Israel?

CoinPostの関連記事

スイスの銀行による仮想通貨の企業支援が続く|仮想通貨業界の架け橋となるか
スイスのプライベートバンクが、仮想通貨およびブロックチェーン関連企業に金融サービスの提供を始めることがわかった。スイス中央銀行や政府当局は、仮想通貨やブロックチェーン企業支援に対して好意的とされる。
スイス金融機関:ビットコインが2300万円ほどに達すれば、お金に代わる決済手段となる可能性を示唆
ビットコインがお金に代わる”真の通貨”となるためには、決済処理能力を大幅向上させた上、約2300万円のBTC価格に到達するなど、全く別の次元で取引されるようになる必要があると言及した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します