CoinPostで今最も読まれています

サポート維持失敗のビットコイン410万円割り込む、次の下値目途は?|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週7/22(土)〜7/28(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

7/22(土)〜7/28(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、週明けから小幅ながら下落して取引されており、27日木曜日には先月20日ぶりに終値で410万円を割り込んだ。

バイナンスUSがサービス開始当時にウォッシュ・トレードによる出来高水増しを行なっていたのと疑惑がWSJから報じられ、週明けのBTC相場は420万円台前半から一段安を演じ、410万円まで値を落とした。一方、ドル建てで2.9万ドル周辺となった同水準で下げ止まると、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え様子見ムードが強まり、相場は動意に欠ける展開に転じた。

FOMCでは市場の予想通り25ベーシスポイント(bp)の利上げが決定され、声明にも大きな変更はなく、特段のタカ派的なサプライズは確認されなかった。BTCはFOMC直後に上値を試したものの、政策先行きに不透明感が残ったからかすかさず上値を重くすると、ドル円相場の下落も重石となり上げ幅を解消。

翌朝にはイベント通過でやや買い戻しが入ったが、第二・四半期の米国内総生産(GDP)速報値や、新規失業保険申請件数が改善した他、日銀が長期金利上限の超過を容認する可能性が報じられたことによるドル円相場の急落が相場の重石となり、410万円を割り込んでいる。

第1図:BTC対円チャート(1時間足)出所:bitbank.ccより作成

FOMCはやはり特段のサプライズなく通過できたが、今月以降の手掛かりには欠ける結果となった。

また、会合後の記者会見でパウエル米連邦準備制度(FRB)議長は、「FRBスタッフは景気後退を予想していない」と発言した矢先、四半期GDPが上振れ、早期利下げ観測後退による米債利回りの上昇がBTC相場の下落に繋がった格好だ。

これにより、ダウ平均の13連騰記録にも終止符が打たれ、目先では米株の利食いにも注意を要する。

一方、米四半期個人消費支出(PCE)価格指数の速報値は、前期比で第一・四半期の4.1%から2.6%に鈍化。同コア指数も4.9%から2.3%に改善しており、今夜(28日午後21:30)発表される6月の米PCE価格指数が、BTC相場が切り返す切っ掛けとなる可能性も指摘される。

いずれにせよ、次回9月のFOMCまで追加利上げの有無はデータ次第の「白紙」な状態が続くと言え、短中期的にBTCの方向感は先読みし難い。

こうした中、来週は米国の雇用統計ウィークとなっており、JOLTs求人件数(8月1日)、ADP雇用レポート(2日)、労働省の雇用統計(4日)のほか、前米供給管理協会(ISM)の製造業(1日)とサービス業動向レポート(3日)の発表が控えており、重要指標が目白押しだ。

BTCは対ドルで節目29,000ドルや2021年安値の28,800ドル周辺エリアがサポートとして機能しているが、同水準の維持に失敗すれば、75日線(28,500ドル≒398万円)や一目均衡表雲下限(28,120ドル≒392.6万円)などが下値目途として挙げられる。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:円建てBTC相場は為替起因の動きにも注意

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/25 木曜日
19:23
ロシア下院、ビットコインマイニング合法化と国際貿易の仮想通貨決済を許可する法案可決か
ロシア下院は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインのマイニング(採掘)を合法化し、国際貿易における暗号資産(仮想通貨)利用を許可する法案を可決した。
18:22
SBIが米資産運用大手と新会社設立へ ビットコインETF参入準備か=日本経済新聞
SBIホールディングスが、米運用会社大手フランクリン・テンプルトンと年内を目処に合弁会社を設立する。国内の証券市場でビットコインETF(上場投資信託)が売買できるようになると、税制面で大きな優位性がある。
16:59
STEPN(ステップン)やSTEPN GOでかかる税金の仕組みと確定申告するときのポイント|Aerial Partners寄稿
STEPNとは?ゲームの仕組み ステップン(STEPN)とは、ファインドサトシラボ(Find Satoshi Lab Limited)によって開発されたブロックチェーンゲーム(…
16:16
社会貢献アプリ『ピクトレ』、東京で実証試験へ
仮想通貨ディープコイン(DEP)を発行するDEAは、社会貢献アプリ「ピクトレ」の実証試験を東京で実施。プレイヤーが電力インフラを保全し、新機能を導入して社会貢献を推進する。
15:23
「ハリスは仮想通貨にオープンマインド」スカラムーチ氏が対立煽りをけん制
スカイブリッジ創設者のスカラムーチ氏が、ハリス氏の仮想通貨に対する中立的な立場を示唆し、政治的な対立が仮想通貨エコシステムに悪影響を及ぼさないよう、超党派での支持を呼びかけている。ハリス氏がビットコイン会議の登壇を控える動きを受けて。
14:10
ソラナミームコイン空売りマーケット「dumpyfun」、7月30日よりベータ版開始
ミームコイン市場は今年において最もリターンの高い仮想通貨セクターとなってきた。しかし、ミームコインは他の銘柄に比べてボラティリティがより高いため、暴落時に備えたヘッジへの需要も高い。
14:00
SNPIT(スナップイット)の始め方
SNPIT(スナップイット)はスマホカメラを使って利益を得るGame-Fiエコシステム。ゲーム内容、始め方、ゲーム内ポイントの稼ぎ方、ステーキング方法、暗号資産(仮想通貨)SNPTの買い方まで詳しく解説
10:45
米ハッシュデックス、ビットコインとイーサリアム現物を保有するETFの登録書提出
仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムを保有するETFで、登録届出書を米証券取引委員会に提出した。
10:20
農産業専門のRWA電子市場「AgriDex」、ソラナチェーンで初の取引を実行
仮想通貨ソラナのブロックチェーン基盤のRWA電子市場AgriDexが初の取引を実行。AgriDexは独自トークンのエアドロップも計画している。
08:00
米大統領選で人気高まる予測市場「ポリマーケット」、アップルペイやクレジットカード利用可能に
バイデン氏が撤退を報告した22日には2,400万ドルの取引高を記録し、同プラットフォームの1日のアクティブユーザー数は過去最高の5,900人に急増した。
07:15
「BTCを米国の準備金に」議員が法案を発表か
仮想通貨ビットコインを米国の準備金にすることを定めた新しい法案を、共和党議員がビットコイン2024で発表する計画であることが報じられた。議員自身も大きな発表を行うことをXで示唆している。
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア