CoinPostで今最も読まれています

円建てBTC相場は為替起因の動きにも注意|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週7/15(土)〜7/21(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

7/15(土)〜7/21(金)週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、先週から10万円ほど水準を下げるも、ドル建てで3万ドル水準となる419万円周辺にて底堅い推移に終始している。

米リップルが米証券取引委員会(SEC)との裁判で部分的勝訴を勝ち取り、先週のBTCは、ドル建てでは高値レンジからのブレイクアウトを試す展開を繰り広げたが、米政府がシルクロードから押収したBTCに動きがあったことや、バイナンスによる1,000人規模のレイオフなどが材料視され、先週末のうちに高値レンジ下抜けを試す急展開を見せた。

今週のBTC相場は、来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え小動きに終始している。

週央までは、6月の米小売売上高や住宅着工件数の下振れが相場の支えになった反面、FOMCへの警戒感からか米債利回りも底堅く、BTCは方向感を示せなかった。20日には、チェーンリンク(LINK)やステラ(XLM)など一部アルトコインの上昇に連れ高になるも、米新規失業保険申請件数が市場予想に反して前週から減少し、米債利回りが上昇すると、BTCは上げ幅を解消した。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】
出所:bitbank.ccより作成

米失業保険申請件数を通過して、いよいよ来週のFOMCまで目星い米国の経済指標が出揃った格好と言えよう。

市場は米連邦準備理事会(FRB)による7月利上げの可能性をほぼ100%織り込んでおり、日本時間27日未明に結果が出るまでは手掛かり難で様子見ムードが続くか。DeribitのBTCオプション市場では、3万ドルストライクに建玉が集中しており、BTC相場は目先も3万ドル水準で底堅い推移が想定される。

来週のFOMCの注目は、7月以降の金利動向に関して手掛かりを得られるかとなろう。6月FOMCでは、経済見通しで年内残り2回の利上げの可能性が示唆されたが、市場はもっぱら7月の利上げが最後になることを見込んでいる。

6月は平均時給やコア消費者物価指数(CPI)の伸び鈍化が確認されたものの、失業率が改善し、失業保険の新規申請件数も足元で減少するなど、政策金利の先行きを予想するにはまちまちな内容と言えよう。

また、FRBがインフレ指標として重要視する個人消費支出(PCE)価格指数の6月分のデータは、来週のFOMC後の発表となっており、政策方針の転換は依然として期待できない公算が高いと見ている。

とは言え、FOMCの政策方針は、昨年の「積極的且つ迅速な引き締め」から「データを精査しつつ会合毎に判断」と慎重さを増しており、CPIで僅かながらインフレ抑制に向けた進捗が確認されたことに鑑みるに、市場で織り込まれている以上のタカ派的なサプライズも想定し難いか。

他方、来週28日には日銀の政策決定会合も控えている。日銀の決定はBTC自体には影響が少ないと見ているが、ドル円相場には大きな影響を与えると言え、先週同様に円建てBTC相場は為替起因の動きに注意したい。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:向こう数日間はビットコイン相場から目を離せない重要局面に

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア