CoinPostで今最も読まれています

向こう数日間はビットコイン相場から目を離せない重要局面に|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週7/8(土)〜7/14(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

7/8(土)〜7/14(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は底堅い推移に終始し、14日正午時点で、430万円台前半で推移している。

週明けのBTCはドル建てで節目の3万ドルからジリジリと戻りを試す展開で始まったが、外国為替市場でドル安円高が進行したことで、円建てBTC相場は430万円をサポートに上値の重い展開で始まった。

月曜の米時間には、米証券取引委員会(SEC)元委員長のジェイ・クレイトン氏が、「現物ビットコイン上場投資信託(ETF)の承認を拒むのは難しい」との意見を示した他、米アトランタ地区連銀ボスティック総裁が、追加利上げに慎重な姿勢を示したことで、相場は一時上値を追う展開を演じたが、3.1万ドル水準で反落し、上に往って来いとなった。

その後は、12日発表の6月米消費者物価指数(CPI)の減速観測から、BTC対ドルはジリ高基調が続いたが、米国債利回りの低下に加えて、日銀によるイールドカーブ・コントロール(YYC)調整観測からドル安円高が急速に進行したことで、BTC対円は430万円を巡り底堅くも上値の重い展開が続いた。

注目の米CPIはヘッドラインとコア指数の双方が市場予想を下回ったものの、米政府がシルクロードから押収したBTCに動きが見られた他、SECのゲンスラー委員長がメディアに対して、コインベースの市場監視能力を疑う発言をしたことで、現物ビットコインETF承認期待が後退し、相場は一時420万円まで押した。

一方、13日には、米リップルとSECの裁判を巡って米連邦地裁が取引所を介したXRPの販売が連邦証券法に違反しないとの判断を下すと、XRP相場が突如暴騰し、BTCも連れ高となった。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】
出所:bitbank.ccより作成

SECに対するリップルの部分的な勝訴(機関投資家への直接的なXRPの販売は投資契約と判断された)や、米CPIおよび卸売物価指数(PPI)の下振れと、業界独特の強材料とマクロ環境の追い風が確認された1週間だったが、BTC対円は急速なドル安円高の進行により冴えない値動きとなった(第2図)。

【第2図:BTC対円と対ドルの指数化チャートとドル円チャート(日足 BTCは2022年終値を100に指数化)】
出所:bitbank.cc、Glassnode、FREDより作成

一方、BTC対ドルは13日、終値での年初来高値更新には失敗しつつも、高値レンジからのブレイクアウトを試す展開を繰り広げた。前週と違い、3.1万ドル乗せには出来高の増加も伴っており、ブレイクアウトの機運は高まっているか。

他方、先月からマイナーによるBTCの換金売り加速が懸念されるなか、今週はビットコインのディフィカルティが230Z(ゼタ)を初めて超え、ハッシュレートが低下するなど需給の面では懸念が払拭されない。

マイナーから取引所へのBTC送金量は、直近と比較して特段の増加は確認されないものの、グラスノードのデータによれば日次で2,000BTC以上がマイナーから取引所に送金される状況が続いている。

BTC対ドルは31,500ドルの明確な上抜けに先月から失敗してきている。ただ、同水準での売り圧力を振り切ることに成功すれば、相場は上値を追う展開になると指摘され、チャート的には、向こう数日間は相場から目を離せない重要な局面になるだろう。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:FRB利上げへの警戒感強まる、下値目途は

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア