CoinPostで今最も読まれています

ヴィタリックのX(Twitter)アカウントハッキング被害か フィッシング詐欺の被害額1億円相当に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

フィッシング詐欺で被害額1億円以上か

ブロックチェーンセキュリティ企業PeckShieldは10日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏のX(旧称ツイッター)がハッキングされたと報告した。

ブロックチェーンの分析を行うZachXBT氏は、すでに悪意のあるリンクをクリックしてしまった被害者が出ており、これまでに合計約1億円(69万1,000ドル)以上が犯人のウォレットに流入したと分析している。

フィッシングは、記念のNFT(非代替可能性トークン)が24時間無料で手に入ると偽の情報を流して不正なリンクを踏ませるものだった。最終的にウォレットを接続するように誘導し、資金を盗む手口である。

フィッシング詐欺とは

サイバー犯罪の一種。電子メールなどにより不正サイトへ誘導し、利用者自身にサイトログインに必要なアカウントやパスワードなどの認証情報を入力させて詐取するもの。

▶️仮想通貨用語集

ブテリン氏の父親も10日、該当の投稿を無視するよう警告。「ヴィタリックは今アクセスを取り戻そうと努力しているところだ」と述べた。不正リンクを掲載した投稿は現在削除されているが、その後ブテリン氏がアカウントのコントロールを取り戻せたのかは不明だ。

イーサリアム開発者のBok Khoo氏も、このフィッシングに引っかかりCryptoPunksのNFTを盗まれたと投稿。他のユーザーに注意を呼びかけた。

Khoo氏が盗まれたのは、CryptoPunksの「3983番」と「1751番」で、これらはそれぞれ市場価格で約154イーサリアム(約3,600万円)と約59イーサリアム(約1,400万円)に相当するものだった。Khoo氏以外からも、Milady 4755、Meebit 9965、Meridian 918などのNFTが盗まれている。

バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOも、ブテリン氏アカウント乗っ取りを受けて、次のようにコメントした。特に業界の著名人アカウントが狙われやすいことを示唆している。

ツイッター・アカウントのセキュリティは金融プラットフォームとして設計されてはいない。もっと多くの機能が必要となるところだ。例えば、二要素認証、ログインIDをハンドル名やメールアドレスと同じにしないことなどが挙げられる。

過去には、私のアカウントに対してもハッカーによるパスワード総当たり攻撃が行われ、何回かアカウントがロックされている。

攻撃の手口をめぐる議論

あるXユーザーは、これはSIMスワップ攻撃によって行われた可能性があり、ブテリン氏はセキュリティにもっと気を遣うべきだったと主張した。

一方で、ZachXBT氏は、攻撃の手法はまだ分からないと反論。インサイダーが買収された可能性などについても挙げている。

なお、SIMスワップ攻撃とは、攻撃者が被害者の携帯電話番号を不正に取得し、オンラインアカウントやサービスにアクセスするものだ。犯人が管理するSIMカードに被害者のアカウントなどをリンクさせることにより、被害者の通信内容を犯罪者のデバイスに送る。

アカウント乗っ取り相次ぐ

X(旧称ツイッター)乗っ取りによるフィッシング詐欺はこれまでにも度々発生してきた。

2020年7月に、オバマ前大統領やアップル社、バイナンスなどの著名アカウントが乗っ取られ、1,200万円相当の被害が発生したことも記憶に新しい。

関連SIMスワップ攻撃で米仮想通貨企業から1億円盗んだハッカーに懲役判決

最近では7月に分散型取引所Uniswapのヘイデン・アダムスCEOのアカウントがハッキングされた。Uniswapが攻撃されたという偽のメッセージを投稿し、ユーザーにフィッシングリンクを踏ませようとするものだった。

この際には、アダムス氏は約6時間後にアカウントのコントロールを取り戻している。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア