CoinPostで今最も読まれています

コナミ初のweb3プロジェクト「ZIRCON」関係者インタビュー|TGS2023 NFTマーケットプレイス「リセラ」も発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コナミがweb3進出

国内ゲーム大手企業のコナミデジタルエンタテインメントは21日、「東京ゲームショウ2023(TGS2023)」のステージにおいて、ブロックチェーン技術を活用してファンタジー世界を共創することができる「PROJECT ZIRCON(プロジェクト・ジルコン)」を発表した。

ZIRCONは、キャラクターをNFTとして保有し、その名前やプロフィール、能力などを決めることによって、架空の世界の創作に参加できるweb3プロジェクトだ。

惑星を舞台にユーザーと一緒に作り上げていくとしており、将来的にコナミブランドでのゲーム化をはじめ、アニメや小説など、さまざまなメディアで展開することを目指している。

公式X(旧Twitter)では、「ジルコン」の由来について次のように述べている。

地球最古の鉱物とされるジルコンは、無色透明なダイヤモンドと似たような外観を持つことがあるほか、ブルー、ブラウン、オレンジ、ピンクなど多様な色が存在する。

TGS2023では、KONAMI独自のシステムでありNFTマーケットプレイスでもある『リセラ(Resella)』も発表された。サービス利用からNFT売買まで「PROJECT ZIRCON」に合わせてサービスを開始する予定だ。

Resella

これまでのNFT普及のためのハードルのひとつであったガス代(取引手数料)やweb3ウォレットの準備など、ユーザーにとって煩雑な手続きを独自システムにより簡易化した。

これにより、ゲームプレーを楽しみながらNFTを日本円で購入し、不要になったアイテムを日本円で出品・販売できるようになる。

さらに『リセラ(Resella)』では、ゲームのNFTだけではなく、画像/映像の肖像利用をはじめ、興行のイベントチケットやショップの割引券など、さまざまなサービスで利用することを想定している。

Resella

コナミとweb3

コナミは19年7月、暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するディーカレットにKDDIや明治安田生命ら12社とともに計34億円を出資した経緯があるほか、22年1月には人気シリーズ「悪魔城ドラキュラ」のNFT(非代替性トークン)のリリースを発表。ラップドETH(wETH)を利用した販売を実施した。

関連:ゲーム大手コナミがNFTオークション参入、第1弾は人気シリーズ「悪魔城ドラキュラ」

PROJECT ZIRCONインタビュー(9/25追記)

東京ゲームショウ2023(TGS2023)でも大きな注目を浴びた「PROJECT ZIRCON」の関係者3名に急遽インタビューを実施させて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

KONAMIはいつからweb3事業を?

Kuro:

先端テクノロジーや新規事業開発に携わる「Labo(ラボ)」という部署がありまして、今回発表した『PROJECT ZIRCON(ジルコン)』の創設者(ファウンダー)である“Kuro”と“Shiro”は、web3の新しいコンテンツを研究・開発しています。

金友:

具体的な話が出始めたのは、4年くらい前からですかね。前身として、「ブロックチェーン開発・準備室」を立ち上げました。

当初は「コンテンツの話の前に、まずブロックチェーンで何ができるのか?」というところから手探りで始まり、どのようなweb3サービスを作るべきかイメージが見えにくかったのですが、2023年現在では、チェーンにしてもウォレットにしてもweb3領域を専門とする多くの分野で優れた人材や会社が増えたことで、色々なイメージがしやすくなりました。

チームの人数は

金友:

web3では、今までのビジネスモデルとは異なるさまざまな問題が出てきます。

法務や財務など、共通の課題点は私たちweb3の事業部で集約して解決できるようにしたい。財務・経理部長や部員は兼任で入っていて、それを含めると20数名ですかね。「Labo」も含めて各制作部署で企画されているweb3プロジェクトもあるので、関わっている人数だけでいうならもっと多い。

web3の関連事業では何が正解か分からないこともまだ多いので、方針を1つに絞る必要はないと考えています。プロジェクトごとに有機的につながるチームを組んでいくことが出来れば、社内にナレッジを貯めていくこともできる。

今回発表したKONAMIのweb3共通プラットフォームである「リセラ」を軸としたものがあっても良いと思います。

これまでのキャリアは

Kuro:

業界歴は比較的長く、コナミデジタルエンタテインメントでは、モバイル事業の運営を担当しておりました。

NFTやブロックチェーンが台頭し始めた頃に企画を出していたところ、社内で新規事業部の「Labo(ラボ)」が立ち上がって、参画することになりました。

既存の枠組みからはみ出したような、新しいエンターテイメントを提供したいと考えております。

Shiro:

私は新卒の新入社員として入り、以降はモバイルゲームの運営をしておりました。ラボの部署には、Kuroさんと同じタイミングで加わりました。

昨年、個人の方々がNFTアート(ジェネレーティブ系のPFP)をたくさん作成して反響を集めた時期があって、NFT関連プロジェクトに強い興味を持ちました。今後、個人クリエイターたちがすごい力を持ち始める時代が訪れるかもしれない、という実感があって。

今まさに“コミュニティ”の重要性は、ひとつの潮流となりつつあります。KONAMIの『PROJECT ZIRCON』でも、みんなで“コミュニティ”を創っていき「新しい体験」を創造したい。NFTやトークンの仕組みありきではなく、必要であればそこに存在するというような。

ある人は芸術(アート)で表現したり、ある人は音楽を作曲したりで『PROJECT ZIRCON』の世界に貢献していく。そういった作品をユーザーと一緒に創造できれば良いなと。

Kuro:

『PROJECT ZIRCON』の今後のビジョンとしては、コミュニティの中で次々生まれてきたアイデアでゲーム世界を共創していきたい。

ある意味“カオス”になる部分もあるかと思うんですが、そういった舵取りを含めて楽しんで頂き、あたらしい世界の創世記ならではのダイナミズム(勢い)みたいなものを味わえるようなプロジェクトにしていきたいです。

web2とweb3のマーケティングはどのくらい違うのか

金友:

全然違うと思っています。

私は、今年の春までマーケティングプロモーションの責任者も兼任していましたが、ブロックチェーンに「次のファンマーケティング革命が起きるのではないか?」と可能性を感じたんです。

たとえば、クチコミの効果はあらゆる宣伝・プロモーションより効果が高い。それこそ、テレビCMやウェブ広告でも時に太刀打ちできない程のムーブメントになることもあります。

その点、web3業界(ブロックチェーン)ではユーザー・ファンの行動やコミュニティへの貢献度を可視化することができます。ファンコミュニティのインセンティブについても、金銭的報酬だけではなく精神的報酬やコンテンツに紐づくものを提供することで、ファンの行動を加速させることができるのではと思いました。

将来的には、マーケティングプロモーションの考え方も変化していくのではないかと感じています。

CoinPost読者にひとこと

コミュニティを使って、みんなでファンタジーの世界を創るという私たちの試みは、これまでにない新しい体験だと考えております。

「少しでも面白そう」と思った方は、ぜひ『PROJECT ZIRCON(ジルコン)』に参加いただきたいです。お待ちしております!

「PROJECT ZIRCON」公式アカウント

公式Xアカウント:https://twitter.com/Project_Zircon

Discord:https://discord.gg/xPrunjPeNS

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧