タイ:大手外貨両替チェーンのSuperrich International Exchangeが仮想通貨取り扱いを決定

タイの大手人気外貨両替チェーンであるSuperrich International Exchangeが、仮想通貨の取り扱いを開始すると発表した。

Superrichは、現在タイに49店舗を構え、39の各国通貨を取り扱っている。

他の外貨交換業者との差別化を図るべく、新技術の導入に積極的になっているというSuperrichは、今後ウォレットサービスも開始するとしており、これにあたって提携企業を探している状況だ。

提携に関してはマレーシア、ラオス、イギリスなどの企業からすでに関心が寄せられているという。

Superrichは現在この方針に関して、タイの証券取引委員会(SEC)の承認を待っている状態だ。

また同社は外国為替を扱う業者であるため中央銀行たるタイ銀行の管轄下にあり、今はタイ銀行の反応待ちでもあるという。

加えて、公的な企業としての信頼を得るためにオルタナティブ投資市場への上場も検討しているという。

参考記事:Super Rich: Popular Thai Foreign Exchange Chain to Add Cryptocurrencies

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

観光大国タイ:政府・中央銀行主導の2つのデジタル通貨発行計画を元に、仮想通貨業界参入を目論む
東南アジアの観光拠点と知られているタイにて、完全な規制体制を敷き、中央銀行による規制された独自デジタル通貨の発行計画などを進めていることが明らかになった。
タイ:7つの仮想通貨企業のみ合法的に運営を許可
タイ証券取引委員会(SEC)は、タイ国内で合法的に業務を行うことが認可されている7つの仮想通貨企業名を発表。そのうち5つは仮想通貨取引所であり、残り2つは仮想通貨ディーラーとのこと。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら