CoinPostで今最も読まれています

Taproot Assetsリリース ビットコインでステーブルコイン発行可能に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Taproot Assets」立ち上げ

ビットコイン(BTC)の高速決済を可能にするセカンドレイヤー技術ライトニングネットワーク(LN)の開発を行うLightning Labs(ライトニングラボ)は18日、Taproot Assets(タップルート・アセッツ)の立ち上げを発表した。

Taproot Assetsは、ステーブルコインなど様々な資産をビットコイン(BTC)のネットワーク上で発行できるようにする新しいプロトコルだ。なお、以前には「Taro」という名前で進められていた。

ライトニングラボのライアン・ジェントリー開発ディレクターは、「ビットコインの新時代の幕開け」だとして次のよう説明している。

Taproot Assets v0.3は、開発者がビットコインをマルチアセットネットワークにするために必要なツールをすべて備えている。また、ビットコインの核となる価値の一つであるスケーラブル(拡張可能)な方法でこれを実現できる。

私たちは、ビットコインの新時代には、様々な世界の通貨がTaproot Assetsの資産として発行され、世界中の外国為替取引がライトニングネットワーク上で即時決済されることになると信じている。

Taproot Assetsで発行された資産は、ライトニングネットワーク上の経路に預けることが可能で、各ノードはビットコインをTaproot Assetsの資産へと変換できるようになる。

Taproot Assetsでは取引はネットワークのコアにある既存のビットコインの流動性を介してルーティングされ、ライトニングネットワーク上で行うことが可能だ。

ライトニングラボのエリザベス・スタークCEOも、この新プロトコルについて「ビットコインの新時代を表すもので、世界の金融システムにおけるビットコインの重要性をさらに強化するだろう」とコメントした。

ライトニングネットワークとは

ビットコインのトランザクション処理能力を解消するため、レイヤー2を利用したオフチェーン技術のこと。ライトニングネットワークを導入すれば、混雑しがちなブロックチェーンの外で取引を行うことができ、取引の高速化や手数料削減につながる。

▶️仮想通貨用語集

ステーブルコインへの需要

ジェントリー氏は、Taproot Assetsリリースの背景として、開発者からビットコインのインフラを使用してアプリケーションにステーブルコインを追加するツールを提供してほしいという要望があったと述べている。

ステーブルコインに対するユーザーの需要は高く、特に新興国などでインフレする自国通貨よりもステーブルコインの価格安定性が魅力になっていると続けた。

新興市場のユーザーは、スピーディーな決済時間や低い手数料を望んでおり、ライトニングネットワークはそうしたことを提供できるとしている。Taproot Assetsによりステーブルコインをビットコイン・ウォレットに提供することで、ビットコインの更なる普及に役立つとも説明した。

また、ゴールドや米国債、クーポン支払いプログラムを備えた社債など、様々な現実世界の資産のトークン化を試すプラットフォームにもなるとしている。その上で、ビットコインの世界的な流動性、分散化、セキュリティも魅力になると指摘した。

スマートコントラクト強化提案も

ビットコインの新機能提案については、ビットコイン関連の開発組織ZeroSyncの貢献者であるロビン・リーナス氏が9日、スマートコントラクトの実用性を強化する「BitVM」というコンセプトを論文で発表したところだ。

ビットコインのスマートコントラクト機能を拡張し、イーサリアムと同等のプログラミングを可能にするもので、DeFi、ゲーム、NFT市場など、多様なアプリケーションが開発可能になると論じられている。

関連ビットコインのスマートコントラクトを強化する提案「BitVM」とは?

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
16:27
イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。
12:15
ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始
ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは仮想通貨の取引サービスを開始した。まずビットコインとイーサリアムを取り扱うとしている。
11:59
仏ソシエテ銀、イーサリアム上でデジタル証券を発行 ESG戦略の透明性を強化
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムブロックチェーンでセキュリティトークンを発行。ESGへの取り組みと透明性の向上を目指し、カーボンフットプリント情報を含むデジタルグリーンボンドを活用する。
10:45
「ビットコインは米国の利益を守る最善の手段」コインベースCEO
米仮想通貨取引所コインベースのCEOは、ビットコインなど仮想通貨が、インフレを背景に米ドルの代替手段として注目される可能性があると発言した。
10:20
Bybit、仮想通貨投資に関するレポート公開
Bybitは、投資に関するレポートを公開。このレポートでは、各種類の投資家が仮想通貨ビットコインやイーサリアムなどに、どのように資金を配分しているかを調べている。
08:30
仮想通貨ビットコインマイニング株大幅高、NYダウ反落
主要仮想通貨関連株はビットコインが42,000ドルに復帰したことを受け、5日に続伸した。一方、本日のNYダウは小幅反落しエヌビディアなど大型IT株も売られた。
07:30
「2024年まで20もの仮想通貨ETPを提供へ」カナダValour
カナダの仮想通貨ETP発行会社Valourは新たに2024年まで欧州で20もの仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)を提供する目標を掲げた。機関投資家の資金流入が追い風になっている。
07:02
エルサルバドル、ビットコイン投資の含み益がプラスに
エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、同国の仮想通貨ビットコイン投資の利益がプラスに転じたと公表。公表時点で約5.3億円の利益が出ている。
06:30
コインベース、仮想通貨ポリゴンなどの先物も提供
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週末、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。COIN株価は5.5%高。
06:00
国際版バイナンス、銘柄新規上場
仮想通貨取引所大手バイナンスは新たなステーブルコイン「Anchored Coins EUR (AEUR)」新規上場を実施した。先月バイナンスに上場した「ORDI」は一ヶ月で約9倍も上昇した。
05:30
米Franklin TempletonのCEO、ビットコインやアルトコイン保有を明かす
米Franklin TempletonのCEOはFortune誌のインタビューで自身が仮想通貨ビットコイン(BTC)や一部のアルトコインを保有していると明かした。
12/04 月曜日
15:11
グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明
米グレースケール・インベストメンツは公式ブログで、米国における現物ビットコインETFの承認は時間の問題であるとして、GBTCをビットコインETFとして、ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア