CoinPostで今最も読まれています

週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|マイクロストラテジーのBTC買い増しや金持ち父さん著者の見解に高い関心

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週のニュース

今週(11/25〜12/1)に注目が集まった暗号資産(仮想通貨)ニュースのまとめをお届けする。

前回から、Web3政策やデジタル証券(ST)関連事業を推進する日本国内を始め、香港やシンガポールなどアジア圏における仮想通貨のプレゼンスが世界的に高まりつつあることや、CoinPostが運営に携わるアジア最大級のカンファレンス「webX 2024」がザ・プリンスパークタワー東京で開催することを決定したのを受け、「アジア特集」を新設した。

関連なぜ日本で大規模Web3カンファレンスが必要なのか|WebX創設者インタビュー

今週は、米マイクロストラテジーがビットコイン(BTC)を買い増ししたニュースや、ベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者ロバート・キヨサキ氏がビットコインなどの資産への投資を推奨していることを書いた記事が関心を集めている。


目次
  1. 今週の注目ニュース
  2. 金融相場
  3. アジア特集

今週の注目ニュース

海外版バイナンス、仮想通貨4銘柄上場廃止へ(11/28)

海外版仮想通貨取引所バイナンスは27日、不適格として4つの仮想通貨の上場廃止を通告。上場廃止を受け、対象銘柄は全て暴落した。(記事はこちら

金持ち父さん著者キヨサキ氏「手遅れになる前に金・銀・ビットコイン投資を」(11/28)

ロバート・キヨサキ氏は26日、金(ゴールド)、銀(シルバー)、ビットコインに遅れる前に投資するよう改めて呼びかけた。同氏は以前から、この3資産への投資を推奨している。(記事はこちら

約6億ドル分の仮想通貨ビットコイン買い増し、マイクロストラテジー(12/1)

米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表。今回は5.93億ドルの金額で16,130BTCを取得した。(記事はこちら

金融相場

ビットコイン供給量の83.6%が含み益に、過去最高値を記録した21年11月以来の水準(11/27)

この日のビットコイン価格は前日比1.03%安の1BTC=37,348ドルに。Glassnodeのデータによると、足元の相場上昇を受け、市場に流通するビットコインの総供給量の内、83.6%の1636万BTC以上が含み益となっている。(記事はこちら

ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に(11/29)

資産運用会社CoinSharesの週次レポートによれば、機関投資家の資金フローは総額3億4600万ドルに達し、9週連続の純流入となった。ビットコインの上昇と資金流入が重なり、運用資産総額(AUM)は過去1年半の最高値となる453億ドル規模にまで拡大した。(記事はこちら

ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く(12/1)

ビットコイン価格は前日比0.38%高の1BTC=38,000ドルに。ビットコイン現物ETF(上場投資信託)の上場思惑の高まりを受け、21年11月にローンチした「プロシェアーズ・ビットコイン先物ETF(BITO)」の運用資産額が過去最高値の14億7000万ドルに達した。(記事はこちら

アジア特集

SBI、米Circleと基本合意書締結へ ステーブルコインUSDC取り扱い目指す(11/27)

SBIホールディングスは27日、世界最大の規制対象ステーブルコインであるUSDCを発行するCircle Internet Financialとの包括的業務提携に向けた基本合意書の締結を発表。日本におけるステーブルコインの利用拡大に向け、Circle社が発行するUSDCの日本国内における流通を目指す。(記事はこちら

香港で仮想通貨詐欺相次ぐ 規制当局はライセンス猶予期間据え置き(11/28)

香港証券先物委員会(SFC)のジュリア・リョン最高経営責任者(CEO)は、相次ぐ詐欺事件に関わらず、仮想通貨規制条例の猶予期間は予定通りとすると述べた。「猶予期間が明日終了しても、詐欺は依然として発生するだろう」と話している。(記事はこちら

JPYCが三菱UFJ信託、Progmatと手を組みステーブルコイン拡張と国内外SC交換業進出を計画(11/28)

三菱UFJ信託銀行、Progmat社、JPYC社は28日、「Progmat Coin(プログマコイン)」基盤を利用したステーブルコイン「JPYC(信託型)」の発行に関する共同検討を開始したことを発表。さらにJPYC社は、Progmat Coinで発行された様々な国産ステーブルコインや海外ステーブルコインの「仲介者」として機能することを計画している。(記事はこちら

Web3ゲーム「Big Time」など、韓国Bithumbに新規上場(11/30)

韓国の仮想通貨取引所大手Bithumbは30日、ERC-20基準のトークン「Big Time(BIGTIME)」、及びStormX(STMX) の新規取扱を発表。BIGTIMEは10月に、米Coinbase、オフショア取引所OKXやBitgetにも上場しており、時価総額は79億円、出来高も80億円程となっている。(記事はこちら

韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高(12/1)

韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは、SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアで新規上場。上場を受けてSPACE IDは一時30%急騰した。(記事はこちら

注目のWeb3カンファレンス日程

Web3および仮想通貨・ブロックチェーン関連カンファレンスが世界的に活性化しつつある。本記事では、アジア圏を中心に直近開催予定の大型カンファレンス情報も紹介する。

TAIPEI BLOCKCHAIN WEEK

まず、「TAIPEI BLOCKCHAIN WEEK(台北ブロックチェーンウィーク=TBW)」は12月11ー16日の間、台湾の台北市で開催される予定だ。

このカンファレンスは「2000人以上の参加者を集めた初回イベントの大成功」を受け、2年目の開催となる。今年は、5000人以上の参加者が想定される。

TBWは公式サイトで「Web3・ブロックチェーン分野の世界各国の業界専門家を集め、台湾がWeb3イノベーションの成長拠点となるよう教育し力を与える」と掲げており、業界の「スケール」をテーマとして、多くの著名Web3企業のリーダや有識者を登壇させる予定だ。

また、通常のスピーカーイベントのほか、「十字路」というAIとブロックチェーン融合のハッカソンも12月11ー13日に開催し、特別賞金を獲得するチャンスを提供するという。

TEAMZ WEB3/AI SUMMIT 2024

次に注目されるのは、Web3とAIをテーマとした「TEAMZ WEB3/AI SUMMIT 2024」というイベントで、4月13ー14日に東京・虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催予定だ。

TEAMZ WEB3/AI SUMMIT 2024は、今年の「TEAMZ WEB3 SUMMIT 2023」に続くものだが、OpenAI・ChatGPTの台頭によって注目されるAI分野とブロックチェーン領域の相乗効果の可能性にフォーカスしたイベントである。

公式ページによると、来年の登壇スピーカーは120名超で、VC・投資家や出展企業が併せて200以上となる。なお、出席者は5000人に及ぶ試算だ。

CoinPost公式アプリ
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア