CoinPostで今最も読まれています

なぜ日本で大規模Web3カンファレンスが必要なのか|WebX創設者インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

WebX創設者インタビュー

2023年7月25日〜26日にかけて、東京国際フォーラムでアジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX 2023」が開催され、来場者数16,500人、スピーカー数290人、協賛・協力企業372社(団体含む)と、想定を大きく上回る反響を集めることができました。

来年8月には、ザ・プリンス パークタワー東京で「WebX 2024」が開催される予定です。

今回、WebX創設者の青木誠氏にインタビューを実施しました。

青木誠氏は2017年より仮想通貨関連事業に携わり、2022年に正式にCoinPostに参画。現在は、WebXのFounderとしてカンファレンス事業を牽引しつつ、CoinPostの取締役CSO(Chief Strategy Officer)を務めています。

関連:日本最大級のweb3国際カンファレンス「WebX」レポート

−WebX開催のきっかけは

私たちの中で、国内でも大規模カンファレンス需要があるのではという思いは、頭の中にずっとありました。

というのも、2022年9月半ば頃ですかね、毎年開催されるアジア最大級の「TOKEN2049 Singapore」の規模をに目の当たりにして、オフラインで交流を持つことの重要性を肌で感じ、その熱量を持ち帰って帰国後にWebXの企画書を作りました。

米国のConsensus、シンガポールのTOKEN 2049など世界各国で大型Web3カンファレンスが開催される中、日本では海外と同規模のカンファレンスは開催されてきませんでした。

ボーダーレスと言われるWeb3業界ですが、グローバルマーケットとの溝は存在すると感じており、日本が官民一体となってWeb3推進を行っている今だからこそ、日本とグローバルが出会う場が必要と感じ、WebX構想を開始しました。

CoinPostの企業理念の一つとして、一次情報のほとんどが英語で発信されるWeb3業界において、日本ユーザーに正確な情報をスピーディーに届けるというものがあります。

グローバルとの情報格差を補うために日々ニュース発信を行うCoinPost同様、WebXも日本の事業者とグローバル事業者の溝を埋めることを目標にしたカンファレンスです。

−CoinPostが携わる強みは

2017年に創業し、“クリプトウィンター”と呼ばれる2018〜2019年の氷河期を乗り越えた日本の国内最大手のクリプトメディア自らがweb3カンファレンス運営に携わるという点は、メディアとして培ってきた「信頼と実績」が活きていたと感じます。

また、移り変わりの早い暗号資産関連ニュースのトレンド最先端を常に追い求め、発信し続けてきたCoinPostならではのスピーカー選定やセッションテーマの提案は企業や来場者にもウケが良かった。

地域的な側面では、2022年以降、大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTX破綻など米国を中心にネガティブな影響が大きかった一方、規制のサイクルで一歩先を行っていた「アジア」全体のプレゼンスは高まっていたという実感がありました。

日本では、政府のweb3政策推進や税制の一部改正など注目されやすい外的要因が整っていたからです。

関連:なぜ日本政府は「Web3政策」を推進し始めたのか?重要ポイントと関連ニュースまとめ

−WebX2023の手応えは

日本が世界に取り残されないようにするために、まず最初にグローバルリーチをどうするかを考え、海外の有力スポンサーの誘致に注力しました。

海外web3企業の日本に対する熱量が高く、注目が集まっていたという感覚はあったのですが、その一方、日本の企業は興味は持っていただけても、スポンサーとしての資金捻出は容易ではないという実情もありました。

私たちが、どんなに国内暗号資産(仮想通貨)メディアの中ではサイトPVやコミュニティの信頼力があったとしても、国内大手企業からすれば数あるスタートアップの一つに過ぎません。

しかし今回、それでも多くの来場者やスポンサーに恵まれ、イベント運営としての実績を作ることができました。当初想定していた以上に引き合いは多かったし、このような地合いの悪い中でも“Web3”に対する関心の高さを示すことができたのは、業界全体の実績としても、みなさまのおかげで成功して良かったと胸を撫で下ろしています。

世間一般の認識としては、金融庁とはじめとする各省庁は「Web3に対してネガティブなイメージを持っている」と思われがちなのですが、どの省庁もWeb3業界の健全な発展に注力しつつ、イノベーションもしっかり見ています。

政府からのバックアップであったり、規制面の安定性という意味でも今の日本市場は他の先進国と比較しても十分な競争力があり、それを証明できたという点でもWebXの運営を通じて大きな手応えを感じました。

−課題点は

業界全体として盛り上げる巻き込み力です。

今回のWebXには10,000人を超える方が参加してくださり、海外からも約3000人の来場者がいらっしゃいました。海外には日本のWeb3の熱量を十分に伝えることができ、国内の方には多くのネットワーキング機会をご提供できた自負があります。

ですが、国内外からさらに多くの方々にWebXにご参加いただき、より多くの出会いを作るためには、他のイベントやハッカソンなどとの連携を図ることが非常に重要と感じました。

WebXの2日間だけではなく、開催期間までに多くの事業者と連携しながら枠組みを拡大し、さらに多くの方々にとって有意義なイベントを作り上げていきたいという意気込みです。

−来年以降の展望は

ザ・プリンス パークタワー東京

2024年もグローバルなカンファレンスと、海外からの企業のスポンサー誘致は、引き続き目指していきたいですね。それこそが日本市場の発展にとってもプラスになると感じております。

そして、海外の企業に日本の魅力をさらに伝えるため、政府関係者や省庁、東京・大阪などの行政とも連携を図りつつ、“発信する価値のある場所”の定着を目指したい。

2年目も楽しみにしていて下さい。

関連:アジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX 2024」、ザ・プリンスパークタワー東京で開催へ

WebXチームの求人開始

WebX実行委員会では、2024年8月の開催に向け着々と準備を進めつつ、万全を期すためのチーム拡大を行っています。

WebXの企画を行う企画チーム、企業を誘致する営業チーム、web3業界の著名人などスピーカーと共にアジェンダを作っていくチーム、イベント運営を行う運営チーム、全てのポジションで幅広く人材を募集しています。

私たちの目標は「日本で最も影響力のあるカンファレンス」ではなく、「世界で最も影響力のあるカンファレンスになる」ことを目標に企画を進めています。世界にインパクトを与えることを目指すイベントを一緒に作ってみたいという方は、ぜひ力を貸して下さい。ご連絡お待ちしております!

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア