CoinPostで今最も読まれています

米巨大オンライン証券TD Ameritradeが仮想通貨業界に参入した理由は「ビットコイン投資需要」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

TD Ameritradeが出資した理由
新興仮想通貨取引所=ErisXの主要出資企業であるTD Ameritradeの重役は、出資し業界参入した理由について、「クライアントは規制された取引所に規制された商品を求める」と言及、ビットコイン投資の需要を強調した。
ErisXの発表
新興仮想通貨取引所ErisXが10月4日、米国で有名なTD AmeritradeやCBOEを始めとする複数企業からの投資を受けたことを明らかにした。ErisXは、2019年に仮想通貨現物取引や、現物受渡し仮想通貨先物取引の提供開始を予定している。
TD Ameritradeとは
TD Ameritradeとは、ネブラスカ州オマハに本社を置く、米国トップクラスのオンライン証券。個人、法人向けに株式、債券、投資信託、ETF、先物など様々な金融商品取引が可能なオンラインプラットフォームを提供している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ErisXの筆頭投資企業TD Ameritradeはなぜ出資

昨日CoinPost でも報じたように、TD Ameritrade(TDA)は、1975年に設立された米国の証券を牽引するトップクラスの企業であり、現在1,100万もの顧客口座を持ち、1.2兆ドル(約114兆円)もの資産を取り扱っている。

また、2010年に設立された先物専門のErisXは、新たに構築する取引プラットフォームに仮想通貨現物取引だけでなく、最終的には、ビットコイン、イーサリアム等の主要デジタル資産の現物受け渡し先物取引も追加すると発表した。

このような経緯を経て、オンライン証券の巨大企業が、仮想通貨に参入した格好だが、その背景にはなにがあるのか?

日本時間5日、TD Ameritradeの「取引教育部門のEVP」を務めるSteve Quirk氏は、CNBCの経済番組FastMoneyに出演し、ErisXに出資に関する背景を番組視聴者へ述べた。

「我々は、大手トレード会社のVirtu Financial、ベンチャーキャピタルのDRW、CboeやDigital Nex Opportunities(今回の出資企業)などと並んで、ウォール街のベテラン企業であり、クライアント(同社の顧客)がどのような投資商品を求めるか理解している。」

「ErisXは2010年から運営許可を持っており、現在は、現物ビットコインを保管(カストディ)できるように、清算期間としての(clearing house license)ライセンスを申請している。」

さらに、彼は、「TDAの取引高は75~100万シェアであり、前四半期におけるビットコインの取引高はその10%を占めた様だ。我々のクライアントは、規制されている商品を求めている。ErisXは完全に規制された(法令に準拠した)仮想通貨取引所・清算機関として運営を行い、現在のTD Ameritradeの口座からもアクセスが可能である。」と、ビットコイン投資の需要について強調した

さらに、Quirk氏は昨日、今回の出資の目的を以下のように主張している。

「TDAの一般(投資家)顧客は、認可(規制)された正当で透明性のある取引所を通じて、既存の資産市場と同じように、デジタル通貨商品を取引したいと考えている。 一般顧客が容易にデジタル通貨商品にアクセスできる環境を作成することが大きな目的であり、それこそが今回私たちがErisXに投資した理由だ。」

ErisXの計画

ErisXの広報担当Jessica Darmoni氏が、同社は2017年に既にアメリカ商品先物取引委員会(CFTC)に属するデリバティブ清算機関(DCO)に書類を提出しており、その承認を見据えて、現物取引は2019年第2四半期、先物取引の開始は2019年後半を予定しているとされている。

また、8月3日に、ニューヨーク証券取引所(NYSE)を子会社に持つIntercontinental Exchange(ICE)や、スターバックス、マイクロソフト、ボストンコンサルティンググループなどが主体となって、仮想通貨取引所Bakktを今年の11月に開設を予定すると発表し、『今年最大のニュース』とされていた。

このように、BakktやErisXといった有名な複数企業に支援され、メインストリームをターゲットにした仮想通貨サービスが普及し、特に現物受渡し先物の提供も開始されることは、仮想通貨における健全な市場にとって極めてポジティブな動きであると言えるだろう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧