韓国ソウル市「今後5年間でブロックチェーンの中心都市を目指す」同技術を行政に取り込む意向

韓国ソウル市、ブロックチェーンの中心都市を目指す
朴 元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は、ソウル市が目指す、世界的なブロックチェーンのハブとなるための計画を明らかにした。仮想通貨にも熱狂的な韓国の主要都市が、大きく動き出そうとしている。

今後5年間で、ブロックチェーンの中心都市を目指す

ヨーロッパを訪問中の朴 元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は、スイスの「クリプトバレー」ツーク市における講演で、ソウル市が目指す、世界的なブロックチェーンのハブとなるための計画を明らかにした。

「ソウル市には、世界でブロックチェーンの中心として認識される都市を目指して、ブロックチェーンエコシステムを創る計画がある。 ツーク市のように、ブロックチェーンの専門家をソウル市に集めたいと考えているが、そのためには、革新的なブロックチェーン企業に友好的な環境を確立する必要がある。」

スイスの最大の都市チューリッヒの郊外にある、人口3万人のツーク市には、ブロックチェーン関連企業が集まっており、イーサリウム財団の拠点としても有名だ。

 また、今年6月には、ブロックチェーンを活用した投票システムの実証実験を行うなど、ブロックチェーン技術の推進に熱心なことで知られ、「クリプトバレー」の名で世界に知られている。

そのツーク市で、ブロックチェーン分野への支援を公約に掲げ、今年6月に再選を果たした朴市長が、ソウル市の今後5年間のブロックチェーン技術導入の具体的な計画について発表したことは、象徴的であり、世界のブロックチェーンハブを目指すと言う強い意志を表明した形となった。

「ブロックチェーンは、社会を根底から変える力を持った革新的な技術で、 都市経済の競争力を高める技術としても世界の注目を集めている。ソウル市は既にICT分野で強みを持っているが、ブロックチェーン技術の活用によって、世界でもこの分野をリードする可能性を持っている。」

未来のICT産業を形作る第4次産業革命の中心となるのは、間違いなくブロックチェーンであると主張する朴市長は、この技術に大いなる信頼を寄せ、市をあげて支援計画を推進している。

今回明らかにされた計画以下の通り。

  • 1.2021年までに603億ウォン(約60.3億円)を投じ、市の西部と南西部に、200以上のブロックチェーン企業が入居できる二つのビジネス施設を建設
  • 2.今後5年間で730名の専門家を育成することを目指し、このビジネス施設内で、2つのトレーニングセンターを運営
  • 3.ソウル市は、政府と民間共同で、1000億ウォン(約100億円)の基金を設立し、2022年までにブロックチェーンの新興企業へ投資
  • 4.事業の立ち上げが難航しているブロックチェーン関連の中小企業に対する支援基金を創設。 適格と判断された企業には、10億ウォン(1億円)まで融資。

さらに、ソウル市は、行政の面へのブロックチェーン技術の導入を検討しており、今後5年間で14のプロジェクトの実証実験を行うとしており、以下のように朴市長は述べた。

「市の行政プロセスにブロックチェーン技術を導入することが計画の一部であるが、これは韓国全都市の先例となる。 ソウル市は真の意味でテクノロジーの叩き台となる都市であり、市がこの革新を導くべきだと思っている。」

その一例は、ソウル市が開発した、既存のオンライン投票とオンライン政策推薦プラットフォームにブロックチェーン技術を取り入れるプロジェクトとなる。 

ソウル市は、声明の中で次のような説明を行なっている。

「ブロックチェーン技術を投票プラットフォームに適用することで、オンライン投票の改ざんを防ぐことがでる。これは、ソウルの有権者と住民の投票結果に対する信頼を高めるだろう。」

朴市長は、ブロックチェーン技術により、投票結果に信頼がおけることが認知されると、投票する人々も増え、結果的に、直接参加型の民主主義をもたらすことにつながると指摘している。

また、ブロックチェーン上では、さまざまな政府機関が安全に情報を共有することができることから、基礎年金や障害者福祉関連の支援金受給などの申請手続きにおいても、個別の関係行政機関ごとに、書類を提出する手間が省け、手続きが簡素化されると述べた。

朴市長は、4月に、ソウル市独自の仮想通貨「Sコイン」の発行計画も明らかにしているが、8月にソウル市で開催されたブロックチェーンイベント、「ブロックフェスタ」では、Sコインを含む「ブロックチェーン・総合マスタープラン」を年内に公開する予定であると発表した。

韓国政府がICO全面禁止の立場を保持する中、首都ソウル市は、スイスとブロックチェーン政策交流を重ねてきた流れから、朴市長は今回のスイス訪問中に、チューリッヒ州と経済協力を強化するための覚書に調印、 活発にブロックチェーン技術を推進する姿勢を貫く朴市長とソウル市のこれからの進展が注目が集まるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加