CoinPostで今最も読まれています

マイニングとは?~仕組みや方法について解説~

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨のブロックチェーンの整合性を保つためのシステム。
仮想通貨の取引台帳データの整合性と追記を行うことで通貨の信頼性を保つ重要なシステムです。
計算能力を有志から集い、報酬として新しいコインを支払う。
整合性を確かめるための膨大な計算力を有志(マイナー)から集い、その対価として新しく発行された通貨をマイナーに支払っています。
     
マイニング競争が激戦化のため、新たな参入は難しい
マイニングを行うためには優秀な計算力を備えたマイニングマシンが必要になるため、新しく参入することが難しい状況となっています。
目次
  1. マイニングの仕組み
  2. マイニングと金
  3. マイニングの参入について
  4. セキュリティについて
  5. まとめ

マイニングの仕組み

マイニングとは仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加するということです。

仮想通貨は、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しています。 その追記の処理には、ネットワークに分散されている今までの取引台帳データと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を記録することが求められます。

また、この取引台帳データのことは「ブロックチェーン」と呼ばれ、追記作業が「ブロック生成」と呼ばれています。

このシステムのお陰で中央管理する機関を必要とせずに正当性を保つことができているのです。

つまり、マイニングに参加することはその通貨の整合性を管理する一役を担うという意味でもあります。

計算には有志のPCリソースを利用

取引台帳データの整合性を確かめる作業は、コンピューターによる計算で実現できます。

しかし、その作業には膨大な計算量が必要となります。

分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータ、追記対象の取引のデータのすべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこでビットコインを始めとする仮想通貨では、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

計算の報酬として新たなコインが支払われる

しかし、わざわざ膨大な計算力を取引台帳データの整合性のために無料で貸し出すメリットがありません。

そこで、この追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、報酬として新たな通貨が支払われます。

この報酬は、新たに発行した通貨によって支払われます。つまりこの瞬間に通貨の新規発行が行われます。

以上の流れが「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

通貨の新規発行はこのマイニング方法以外に存在しません。そのため、仮想通貨の発展を信じる人達がマイニング活動に力を注いでいるのです。

マイニングと金

マイニング作業を行うには資金が必要になります。 ブロック生成は演算作業や取引処理作業などによりその正当性を示しています。

また報酬を受け取るためには、誰よりも早く作業を行わなればいけません。 そのためには高性能のコンピューターや電気代が必要となります。

要するに、先行投資を行い、新たなコインを生成し、そのコインが流通として流れていくということになります。

この一連の流れが、採掘道具を用意し、金を掘り出し、その新しい金が流通していくという流れと似ているのです。

このように「金」の採掘作業に似てることから、仮想通貨のブロック生成が「採掘(マイニング)」と呼ばれ、それを行う人達が「採掘者(マイナー)」と呼ばれる所以なのです。

マイニングの参入について

上記で述べたように、マイニングには有志のコンピューターリソースを利用して行います。

このマイニングによって新たに発行した通貨を得ようとする人達がいるおかげで仮想通貨の整合性が保たれています。

この情報を聞いたらマイニングをして通貨を手に入れたい人も多いと思います。

しかし、現在ではマイニング競争が激戦化してしまい、マイニング専用のコンピューターがなければ新規参入は難しい状況となっています。

また、報酬をもらえるのは、計算により最も速く新しいブロックを生成した人のみです。 例え2番目に速くても報酬はありません。

故に年々マイニング競争が激戦化しているため、新しくマイニングに参入することは難しい状況となっています。

セキュリティについて

マイナーはブロックの生成により報酬を受け取っています。 しかし、生成の他にセキュリティの管理としての報酬を受け取っていることにもなっています。

マイニングは取引を中央管理者(政府、銀行など)が監視する代わりにその取引が正当に行われているかを監視する役割があります。

もし悪意のあるマイナーが高性能な計算能力を備えたコンピューターと、それを賄える電気代をもってこのシステムを破壊しようと試みようとてるとします。

そのような巨大なマイニング能力を持っているとするならば、行うことは2つあります。

一つは自分たちが送信したコインを再度自分達のものにして二重支払いすること。もう一つは他のマイナーよりも圧倒的に速くブロックを生成し、報酬のコインをもらうことです。

前者はブロックチェーンの機能が失われ、そのコイン自体の価値がなくなるだけです。 したがって後者のように報酬をもらい続けるほうが得になるので、故意にブロックチェーンを攻撃しようとする人は限りなくゼロに近づきます。

以上のことから結果的にマイナーはセキュリティの管理の役割を担い、その報酬として新たなコインを受け取っているのです。

まとめ

マイニングはそのコインのブロックチェーンを正常に機能させるための重要なシステムです。

そのためにマイナーの計算力を借りて、取引代用のデータの整合性を保ってくれている報酬として新たに発行したコインを支払っているのです。

現在では、マイニング競争が激戦化してしまい、参入することが難しい状況となっています。

ただ、仮想通貨の取引や利用を行う際でも、知っておくべき知識なので理解しておきましょう。

日本からもマイニング事業にGMOとDMMが参入!詳しくはこちらの記事から↓↓↓
仮想通貨マイニング市場にGMO、DMM参入。仮想通貨の発掘から売買までを一挙に手懸ける!
日本大手企業GMO、DMMが仮想通貨マイニング市場に参入! 海外からのシェアがほとんどであったマイニング事業、ついに日本の...
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア