仮想通貨トロンが提携する”世界的大企業”がBaiduの噂?本当なら大ブレークの可能性

先日、トロン(Tron)のJustin Sun氏が、トロンは間も無く世界的大企業と提携すると発表した。

提携企業は明かされていないが、同氏によれば売り上げが数百億ドル規模の企業となるということで、これに関しておそらく中国のIT企業であるバイドゥ(Baidu)だろうという予想がなされている。

バイドゥは中国版googleとも言える同国最大の検索エンジンを提供する会社で、国の70%がこれを利用している。

トロンの提携先がバイドゥだった場合、同社の抱える数億人規模のユーザーに密にリーチできるようになるため、ユーザーの大規模流入も含めてTronの価格が大きく跳ね上がる可能性がある。

いずれにせよ具体的な発表を待つのみではあるが、下落を見せた先週の市場においては特大ニュースだったことは間違いない。

参考記事:How Big Could Tron Go If China’s Giant IT Firm Baidu is Confirmed As Its Partner ?

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

開発が活発に行われている仮想通貨プロジェクトTOP10:エイダコイン(ADA)トロン(TRX)他
仮想通貨市場が停滞気味の中、プロジェクトが長期的に生き延びるか判断する指標の一つとして挙げられるのがGithub上のプロジェクト貢献度。ランキング形式でGithubでの貢献度がTOP10のプロジェクト・仮想通貨を見ていく。
TRON以外にも入札はあった | BitTorrentの巨額買収からNEOが手を引いた理由とは
先のTRONによるBitTorrentの巨額買収は、単独入札でも最高額入札でもなかったことが明らかになった。NEOはなぜBitTorrent買収から手を引いたのか。2017年12月から現在に至る経緯を概説する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加