CoinPostで今最も読まれています

周南公立大学、分散型デジタル学生証を開発 Web5とビットコイン・ライトニング採用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

分散型ID・デジタル学生証の実装へ

周南公立大学は28日、分散型アイデンティティ(DID)として機能するデジタル学生証システムの開発と実証の計画を発表した。このプロジェクトでは、ブロックチェーン技術を条件とする分散型ウェブ「Web3」ではなく、別の切り口で分散型ウェブを実現する「Web5」を採用する。

この目的のため、周南公立大学は、Web5とその決済ツールとして適正の高いライトニングネットワークに精通した株式会社Diamond Handsと業務委託契約を締結した。ライトニングは暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の即時決済を可能にするピアツーピアのレイヤー2拡張ソリューションだ。

この共同プロジェクトは、学生が自らの在籍情報、氏名、生年月日、成績、履修履歴などの個人情報を管理し、第三者がこれを容易に認証できるデジタル学生証を目指す。学生は自身の個人情報や成績をデジタル形式の証明書(VC)として管理し、これらの情報のオンラインでの認証やパスワードレスログインなどが可能になる。

このプロジェクトは、大学だけでなく周南市とも連携し、デジタル証明書のさらなる発展を目指す。「Web5」プロトコルは、W3Cによって策定されたDIDとVCの標準に準拠しており、世界的な互換性を備える。

今後開発されるデジタル学生証システムは、実証実験を経て、再来年度には実際の学生の身分証明としての実運用を目指す。この取り組みは、国内外での広範な発信を予定しており、DIDを利用した先進的な事例として位置づけられる。

関連:ジャック・ドーシーらが提唱する「Web5.0」とは|ビットコイン研究所寄稿

ライトニングと相性が良い理由

Web5は、中央集権化されたインターネットの問題に対応し、特にプライバシー保護とプラットフォームの影響力制限を目的として、Block社の支援とJack DorseyのTBDによって2020年に発表された。

このプロトコルは、ユーザー間の直接通信を可能にするピアツーピア(P2P)ネットワークを使用し、中央のサーバーや管理機関を介さずに、ユーザーが自分の認証情報を管理し、安全に情報交換できるようにする。

ブロックチェーンとの主な違いは、ブロックチェーンが全てのトランザクションを公開し、不変の公開台帳に記録するのに対し、Web5のP2Pネットワークは、必要な情報のみを特定のノード間で直接共有する点にある。Web5のアプローチでは、ユーザーが自身の情報をコントロールし、必要に応じてのみ他者と共有するため、よりプライバシーを重視した構造となる。

Web5はブロックチェーン技術を直接使用しないが、ビットコイン・ブロックチェーンに決済記録のハッシュを記録するなどの応用が可能で、ライトニングネットワークとの親和性が高い。ライトニングも純粋なP2P技術で、取引後の状態データのみブロックチェーンに記録され、プライバシーを保護する。

周南公立大学とDiamond Handsの共同開発するデジタル学生証システムは、DIDとライトニング技術を組み合わせる計画だ。

将来的には、証明可能な個人の活動履歴と財産的価値の移転を関係づけて、何かの目標を達成した時に自動で金銭的な褒賞が獲得できるなど、分散処理技術と自動化を融合させたインセンティブスキーム設計や、学生証アプリからの実店舗への直接の支払いなどの先進的な機能を提供する。

Diamond Handsは日本を代表するライトニングの専門企業であることから、周南公立大学のパートナーとして選択された。Diamond Hands は特にライトニングの開発や運用経験が豊富で、国内だけではなく海外でも業界内で広く認知されている。

関連:初心者でもわかる「ライトニングネットワーク」とは|特徴と仕組みを解説

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:00
「BTCは上昇トレンドに入る可能性」SCB銀
仮想通貨ビットコインは再び上昇トレンドに入る可能性があるとスタンダードチャータード銀行が分析。今回もビットコインとイーサリアムの価格予想をしている。
16:23
Block社(Square)、ビットコイン採掘産業の分散化に向けて高性能チップを開発完了
デジタル決済企業ブロック(旧Square)が、3ナノメートル技術を採用した最新のビットコインマイニングチップ開発を完了。このプロジェクトはオープンソース化され、ビットコインマイニング業界の分散化を推進することを目指している。
15:09
WebX2024、最大73%割引の「開幕セール」終了まで残り1週間
株式会社CoinPostが主催する日本最大のWeb3カンファレンス「WebX2024」にて、チケット販売を開始しております。2024年4月30日まで、最大73%割引のお得な開幕セールを実施中です。
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧