CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン下落が優秀な仮想通貨企業の買収合併の加速化する原因|米大手機関投資家のデータ分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインの下落が優秀な仮想通貨企業の合併買収を加速化させる
米国の大手機関投資家JMP証券のデータ分析は、倍以上の仮想通貨企業の合併と買収はビットコインの54%下落に繋がると示す。 下落相場の中、優秀なブロックチェーン企業を買収するのは敏腕とされる。

米大手メディアCNBCの報道 によると、ビジネス交渉のプロこそが今年のビットコイン下落を利用し、よりリーズナブルな価格で仮想通貨界隈の企業合併や買収(M&A)を行っている模様だ。

低調が続く全体相場を他所に、仮想通貨業界内や他業界からのM&Aビジネスはもはや「記録更新」をしている。

下落相場と買収の上昇傾向

CNBCの報道によると、米国の大手機関投資家『JMP証券』は、企業専門データベース企業PitchBookのデータを分析した結果、ビットコインがATHより54%も下落してきているものの、今年度における仮想通貨・ブロックチェーンのM&Aが200%も増えているとの結論に至った。

出典:JMP Securities

なお、多くの買収がプライベート交渉であったため、その規模は判明できないが、JMPはその多くがグローバルで行われており、1億ドル未満で比較的に小規模な案件だと言及した。

M&Aと仮想通貨相場の相関性

このような買収急増は、ビットコインの価格下落、そしてそれに連動する多くのアルトコインの価値低下に繋がると同報道では記述している。

JMPの『ブロックチェーン・デジタルアセット投資部』を統括するSatya Bajpai氏によれば、ビットコインに連動するアルトコインを含む全体時価総額の縮小が故に、初期段階にあるスタートアップは安値で買収、もしくは投資を受けている。CNBCのインタビューで、Bajpai氏はこのように述べた。

現在、アセットの価格錯誤が起きている。つまり、優良な企業でも、そのICOトークンは主にビットコインに相関性を保つため、戦略的買収の提案やその他のビジネス機会を引き寄せやすくなっている。

大量買収の好機とは

では、なぜ下落の中で、ブロックチェーンが買われやすいのか、CNBCの解説によれば、ビットコインは10年ほど存続しているが、それ以外の仮想通貨企業は立ち上げられてからわずかな年月しか経過していないため、この進展の早い業界のペースに追い付こうとする企業にとって、一から立ち上げるよりも買収した方が手っ取り早いとのことだそうだ。

Bajpai氏の言葉を引用すれば、このようになる。

買収は安くないが、将来性を秘めている技術とプロダクトはすぐ手に入る。この業界はまるで、ランニングマシンのようなものだ。生き残るためには、新たな技術へ投資し続けなければいけない。

また、Bajpai氏によると、革新的技術、そしてその人材に対し、『土地強奪』という業界に置かれる地位確定を図る戦略が現在用いられている様だ。

もっとも直近の例として、「10月18日に、米国のメガバンクゴールドマンサックスが仮想通貨カストディ企業BitGoに巨額出資を行ったこと」だ。

ゴールドマンサックスが仮想通貨90種類以上対応のカストディ・サービスに出資を敢行
ウォール街メガバンクゴールドマンサックスが仮想通貨90種類以上対応のカストディ・サービスに出資を敢行。 この出資の背景にはゴールドマンがカストディ事業へ本格参入の第一歩として話題となっている。

仮想通貨界隈の人材確保という例に関しては、つい先日、Coinbaseの創立メンバーを今年12月に正式運転すると予定されている仮想通貨取引所Bakkt(NYSEの姉妹会社)のCOOに起用したことが挙げられる。

『仮想通貨市場は、原油に匹敵する進化を遂げる』新取引所Bakkt CEO
先日、Coinbaseの創立メンバーをCOOに起用した取引所BakktのCEOは、「仮想通貨市場も原油に匹敵する規模の”革新的な進化”を遂げる」と見込む。さらにBakktのCEOは、資金混同や再担保契約を行わないと明言した。

なお、ユーザ数がスタートアップの重要な財産であるため、買収や出資という戦略は、新たなユーザを加えることができるという魂胆である。

さらに、従来の企業と違い、ICOを行った企業は、ユーザが支持するプラットフォームに価値が付くものの、機関投資家はおそらくその会社の株を入手したがるとも考えられるため、その買収価格や投資方針はより複雑となる可能性が高いとされる。

同CNBCの報道によれば、このすでに複雑なビジネスをより複雑にするのが、スタートアップがある程度発展し、実績が実る前に買収はすでに行われたという。

このようなトレンドを、「スタートアップ企業に話題性や人気が出ていれば、買われがちだ。買収規模が小さくても、その買収数は増える。なぜなら、そのような数を増やす買収こそが変化が絶えぬこの業界で成長していけるもっとも実行可能な方法だ」と、説明をした。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧