iVendPay、仮想通貨自動販売機をアジアに導入へ

仮想通貨GoByte (GBX)との提携により、2018年末までにiVendPayはマレーシアとイスラエルで仮想通貨決済で購入が可能となるスマート自動販売機を導入する予定が判明した。

GoByteは、ダッシュ(Dash)ベースの仮想通貨で、即時に少額決済を処理するように設計されており、手数料が少額だ。

iVendPayの創設者であるSergey Danilov氏は、iVendPayを搭載した自動販売機でGoByteを使用した場合、3秒未満で処理できるという。

参考記事:Interview: iVendPay Founder Sergey Danilov on Bringing Cryptocurrency Vending Machines to Asia

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨ライトコイン:今後のコアリリースで手数料を1/10に削減(2015年水準)
ライトコイン開発者の一人は、今回のコアアップデートは普及のために良いことだと言及。「今後3〜6ヶ月で弱気市場の反転が見られるはず。手数料の大幅減は、その後訪れる活発な取引の重要条件になるだろう。」と付け加えた。
ビットコイン決済可能なコカコーラの自動販売機が自作される
スペインのハードウェアハッカーが、ビットコインでの支払いが可能なコカコーラの自動販売機を自作したとして話題になっている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加